本文へジャンプ

製品・サービス案内

トップページ の中の 製品・サービス案内 の中の McAfee SECURE

McAfee SECURE

McAfee SECUREとは?   - Webアプリケーション脆弱性診断サービス -

- 安心・安全なWEB利用の促進を目的としたサービスです。

Webサイトやルーター、ファイアーウォール、DNSなどのネットワーク機器の脆弱性を外部から毎日診断する、クラウドサービスを提供しています。さらに診断結果に合格したWebサイトに対しては、安全証明マークを発行しています。
クラウドサービスなので、お客様環境でのアプリケーションのインストールや、ハードの設置などは不要です。簡単に始められて、最新の脆弱性の情報で診断をします。

McAfee SECUREは、各種企業、ECサイト、政府機関サイトなど世界30カ国、80,000サイト以上で採用されています。 McAfee SECURE証明マークを掲載しているサイトは、安全性の高いサイトとして認知され、 その総ページビューは世界中で
2億5000万/日を超えています。
             クイック製品説明動画はこちら!⇒
McAfeeSECURE動画

近年、標的型と呼ばれる攻撃が増えています。高度な技術を複合的に利用し、特定の組織を、長期間にわたって攻撃するものです。様々な脆弱性を長期にわたって衝く標的型攻撃に対処するためには、システムの継続的な検査が必須です。McAfee SECUREの脆弱性データベースは常時更新され、それを基にした毎日診断がシステムのセキュリティレベルを上げます。


定例的に行われているセキュリティセミナーの様子です。
先日は、近年増加傾向にある標的型攻撃についての対策セミナーが行われました。
McAfeeSECURE セミナー1 McAfeeSECURE セミナー2
クラウド型自動脆弱性診断とは
個人情報を盗まれたり、Webサイトを乗っ取られる原因となるような危険な脆弱性を探し、警告します。診断は常に最新の脆弱性データベースと連動しており、インターネットを介した遠隔自動サービスとして提供しています。 McAfee SECUREは365日完全自動リモート診断を行います。365日休まずWebサイトを診断することでハッキングのリスクからサイトを守ります。
McAfee SECUREの詳細

まずは無料診断をご利用ください!

無料 診断 お申込みへ


安全証明マークでアピール!

McAfee SECURE独自のサービスとして、安全証明マークがあります。脆弱性診断の結果、安全が証明されたサイトには安全証明マークが配信され、表示されます。

mark

安全証明マークの効果を検証するため、800を越える米国のECサイトでテストを行いました。結果として、平均で売り上げ増という数字が得られています。McAfee SECURE安全証明マークは現在、米国中のECサイト で広く利用されています。

安全証明マークの詳細へ

McAfee SECUREのfacebookページができました!


mcafeesecurefb.gif
セキュリティ関連ソリューション
三和コムテックでは、お客様のニーズに合わせ、多様なWebセキュリティソリューションを取り揃えております。
Webアプリケーションの防御、Webの改ざん検知、SSL証明書、PCマルウェア対策ソリューション、エンドポイントセキュリティ、DBアクセス解析、DBの暗号化など、豊富にメニューがございますのでお気軽にお問合せください。

McAfee SECUREの詳細

お問い合わせはこちらから

  • この製品の導入事例はこちら
  • この製品のよくある質問と答えはこちら

このページの上部へ