お客様のビジネスシステムを支える様々なソフトウェアをワンストップでご提供

SCTブログ blog

Rocket.Chatサポート環境のご案内

コミュニケーション

Rocket.Chat社より発行されております、Rocket.Chatサポート環境をご案内致します。

Rocket.Chat社のサポート環境の資料(原文)はこちら


はじめに

私たちのチームから正式なサポートを受けるためには、最低限の要求事項があります。これらの要件は、必要不可欠なシステム情報へのアクセス、SLAの提供、質問への回答、問題の解決策の提供のために必要となります。

これらの最小要件を満たすインストールのみが、当社のSLAおよび有償サポートポリシーの対象となります。一部の要件は、以下のセクションで説明するように、インストールのサイズによって異なる場合があります。

環境について

Dockerコンテナについて

欠落しているもの、古いもの、または依存関係の一致しないもの、特定のオペレーティングシステムの問題、または手動インストール時の問題などの環境問題を排除するために、私たちは公式のDockerイメージを使用することを強くお勧めします。

Rocket.Chatの自社クラウドでは、当社の公式Dockerイメージを使用しているため、このインストール方法が最もテストされています。

Dockerは、アプリケーションをコンテナに格納し、イメージとして配布することで、OS(オペレーションシステム)からの抽象化・分離化を提供するために広く使われています。これにより、アプリケーションは、特定のバージョンのOS互換性レイヤーと独自の依存関係がすでにインストールされ、設定された状態で出荷されます。

Docker Containerについてはこちら

拡張性

複数のプロセス

利用可能なすべてのコアを最大限に活用するために、複数のアプリケーションプロセスを実行することをお勧めします。そのためには、仮想マシンやコンテナを使用することができますが、当社ではDockerコンテナの使用を推奨し、サポートしています。

仮想マシンとコンテナにはいくつかの違いがありますが、主な違いは、コンテナはOSを仮想化して1つのOSインスタンス上で複数のワークロードを実行できるようにするものです。仮想マシンでは、複数のOSインスタンスを実行するためにハードウェアを仮想化します。コンテナにはスピード、軽快さ、携帯性があるため、このユースケースではコンテナにパフォーマンス面で明確なメリットがあります。

ほとんどのPaaSでは仮想プライベートサーバーしか提供されていないため、仮想マシン内でコンテナを実行しても問題ない場合があります。

コンテナを利用することによるパフォーマンス面での利点

より速い起動時間

コンテナ型のアプリケーションは通常、数秒で起動します。仮想マシンの場合は数分かかることもあります。

より良いリソースの分配

コンテナは、必要な時に必要なだけのシステムリソースを使用します。仮想マシンは、通常、仮想マシンの起動前に一部のリソースを恒久的に割り当てる必要があります。このため、仮想マシンは実際には使用していなくても、ホスト上のリソースを占有してしまいます。コンテナでは、ホストのリソースを最適な方法で分配することができます。

ハードウェアへの直接的なアクセス

一般的に、仮想マシン内で動作するアプリケーションは、ホスト上のグラフィックカードなどのハードウェアにアクセスして処理を高速化することができませんが、コンテナ型のアプリケーションであれば可能です。

冗長性の削減

仮想マシンでは、ゲストOS全体をインストールしなければならず、ホストサーバーですでに稼働している多くのコンポーネントと重複してしまいます。コンテナではその必要がありません。

Docker Containerと仮想マシンの長所と短所のについての記事はこちら

コンテナの自動化

Kubernetes、Rancher、OpenShiftなどのDockerと互換があるコンテナ自動化・管理システムを使用することで、コンテナ化されたRocket.Chatインスタンスの拡張が容易になり、異なる物理的なベアメタルサーバーや仮想マシンに負荷を分散することが可能になります。

Rocket.Chat独自のクラウドでは、この手法を用いて、高い信頼性と柔軟性を備えたクラウド基盤のインスタンスを管理しています。私たちは同じ専門知識を活用し、スケールアップしたインストールの設定と展開方法に関するドキュメントを提供しています。

スケールアップしたインストール(1つ以上のインスタンスまたは2000人以上のユーザー)では、以下のいずれかの方法で自動化や管理を行う必要があります。

  1. SUSE Rancher
  2. Red Hat Openshift
  3. Kubernetes and Helm(AWS、Google Cloudなどによって管理されているか、ご自身で管理されているもの)
  4. Docker-Compose

現時点では、上記以外のコンテナ自動化・管理技術は、スケールアップしたインストールに関連する問題について、当社のサポートチームによってサポートされることはありません。

ハードウェア

ハードウェアにおける最小要件についてはこちらからご覧いただけます。

監視

本番導入では、インストールのインスタンスやデータベースに関するメトリクスを継続的に収集する必要があります。Rocket.Chatは、業界標準のPrometheus + Grafanaのモニタリングスタックをサポートし、推奨しています。Grafanaのダッシュボードは、メトリクスリポジトリにてご利用いただけます。

バージョン

Rocket.Chatは毎月新しいリリースを行っていますので、こちらからリリースサイクルの詳細を確認し、サポートされているバージョンを利用しているかどうかを確認してください。


本製品の詳細は 公式ポータルサイトまで。
Rocket.ChatのFAQページもございます。