お客様のビジネスシステムを支える様々なソフトウェアをワンストップでご提供

SCTブログ blog

SlackBridgeを使用したRocket.ChatとSlackの連携方法

コミュニケーション

日々の業務をこなしていく中で、こんなお悩みはございませんか?

複数のチャットツールを併用して利用しており、取引先によって各種chatを確認しなければならない

チャットツールを集約して作業の効率化を進めたい

SlackBridgeは、チャットツールSlackのSlackチャンネルやプライベートグループで受信したメッセージをRocket.Chatにリアルタイムでミラーリングすることが可能な機能です。

この機能を利用することにより、Slack上で入力した内容をRocket.Chat上で表示させたり、Rocket.Chat上で入力した内容をSlack上で表示させたりすることができて、大変便利です。

有効にするには、Slackでカスタムボットを作成し、目的のチャンネルやプライベートグループに追加する必要があります。有効にしてルームに追加すると、SlackBridgeはRocket.Chatのルームを複製し、そのルームで発言したユーザーも複製します。

本機能をご利用いただくために、下記2点のどちらかを満たしている必要がございます。

  • 複製したいチャンネルがパブリックチャンネルとなっていること
  • チャンネルを利用するユーザー名がSlack上とRocket.Chat上とで相違がないこと

Slackでカスタムボットを作成するには

1.「ボットのユーザーセットアップ」をクリックします。

2.「Slackに追加」をクリックします。

3.ボットのユーザー名を選び、「ボットインテグレーションを追加する」をクリックします。

4.APIトークンをコピーします。Rocket.ChatでSlackBridgeを設定する際に必要になります。

5.ボットを好きなようにカスタマイズして、「インテグレーションの保存」をクリックします。

Rocket.ChatでSlackBridgeを有効にするには

1."https://[Rocket.Chatのホスト名]/admin/SlackBridge"にアクセスします(管理メニュー内「SlackBridge」の項目へ移動します)。

SlackBridge.png

2.SlackBridgeを有効にします。

画像2.png

3.上記のステップ4でコピーしたAPIトークンを追加します。

4.Rocket.Chatサーバーを再起動します。

再起動をすると、上記の設定が反映されます。

5.完了したら、ミラーリングしたいチャンネルやプライベートグループにボットを招待・追加します。

チャンネルやプライベートグループの右上にあるアイコンをクリックすると、以下のような画面が表示されます。

その画面の"インテグレーション"タブに、"App"というフレームがあり、「アプリを追加する」をクリックします。

追加できるカスタムボットやAppの一覧が表示されるため、前パートにて作成したカスタムボットを選択します。

スクリーンショット (87).png

以上の手順で設定は完了です。

Rocket.Chatは、このほかにも様々なツールと連携することが可能なサービスです。

本ブログでは、便利なRocket.Chatのご利用方法をご紹介しております。


本製品の詳細は 公式ポータルサイトまで。
Rocket.ChatのFAQページもございます。