お客様のビジネスシステムを支える様々なソフトウェアをワンストップでご提供

標的型攻撃

標的型攻撃とは

標的型攻撃と呼ばれるサイバー攻撃の手法が多く見られるようになっています。先進的な手法を用い、執拗に攻撃を続ける手法(Advanced Persistent Threat)で標的にした企業を狙います。長期間にわたって潜伏するため、攻撃を発見しにくい厄介な手法です。

標的型攻撃は、侵入されることを前提として備える必要があります。SCTのソリューションが、侵入が成功してしまった後でも有効な、多層的防御を可能にします。

ペリメーターでの防御に失敗したら=侵入されたら。まずは「阻止」。防御で事がおこらないようにする。次に「検知&分析」ペリメーター(境界ネットワーク)の内側に何が入りこんだか?何を持って行かれたか、なぜ起こったか、現状は?最後に「防御&被害の緩和」どうやって止めるか?被害を緩和するにはを検討します。

AMP

マルウェア対策ソリューションをリモートサポート

詳しく見る

グレッドセキュリティーサービス

Webサイトの改ざん被害を最小限に!

詳しく見る

Guardium

内部・外部の脅威からデータベースを守る包括的DBソリューション

詳しく見る

D'Amo

PLUG-INタイプの暗号化ソリューション

詳しく見る

Darktrace

内部ネットワーク内の動作をモデル化することにより、社内のコンピューターおよびユーザーの活動をリアルタイムに監視し、異常を検知します。

詳しく見る