お客様のビジネスシステムを支える様々なソフトウェアをワンストップでご提供

PCI DSS診断

「クレジット取引セキュリティ対策協議会 実行計画」の
実施にはPCI DSS対応が不可欠に!

PCI DSSは、国際カードブランドが設立したPCI SSCが、策定したクレジットカード情報の安全管理基準です。
経済産業省のHPに記載がありますが、クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画として
具体的な目標と各主体の役割を明記した「クレジット取引セキュリティ対策協議会 実行計画」が策定されました。
実行計画書によると、保持の方は、2018年3月(非対面取引)や2020年3月(対面取引)をデッドラインとした準拠が求められております。

SCTが提供する
PCI DSS準拠対策ソリューション

PCI DSS準拠に必要なASVスキャンなどの各種診断やペネトレーション診断に加え、対策実施にあたってのQSAやSAQなど、準拠レベルに応じたリーズナブルなヘルプデスクや コンサルティングサービス、検出されたセキュリティギャップを埋めるための対策ソリューションのご提案まで ラインナップいたしました。

保持・非保持の方へのソリューション

対応にお困りのお客様や既に準拠済みだが、そのランニングコストの軽減をご検討のお客様また、 非保持であることの確認など、お客様のニーズに合わせてソリューションをご用意しております。是非、弊社のソリューションをご検討ください。

SCT SECURE
PCI DSS準拠診断サービス

PCI DSS 要件に合わせた診断を行います。要件11.2.2の準拠に必要なASV診断から要件11.3のペネトレーション診断など、ニーズに合わせたPCI DSS準拠サービスをご提供します。

詳しく見る

SCT SECURE PCI DSS
SAQ(自己問診) ヘルプデスクサービス

PCI DSSのSAQ(自己問診)のご不明な点について、当ヘルプデスクサービスにてサポートいたします。

詳しく見る




PCI DSS準拠スタートアップ支援サービス

PCI DSS準拠をこれから進める企業様へ、コンサルティングとヘルプデスクでご支援いたします。 SAQ記入のためのオンサイトでのコンサルティングやヒアリングを実施し、報告書をご提示いたします。

カード情報検知ツール

== 非保持対策 ==
クレジットカード番号が入っているファイルの非保持を素早く確認することができるインストール不要のデジタルフォレンジックツールです。

カード情報消去&証明ツール

== 非保持対策 ==
カード情報非保持確認の結果、カード情報の保持が見つかった場合に、当該情報を削除し、その削除証明書を発行します。

PCIDSS教育 eラーニング

お客様内でのPCI DSS全般の理解度を高める教育コンテンツを提供します。

Guardium(ガーディアム)

DB監視ソリューション
データベースに対するログ取得とセキュリティ対策ソリューション
Oracle、SQL Server、DB2、Sybase、Informix、MySQL、Teradataなどのデータベースに対応。

詳しく見る

D'Amo(ディアモ)

DB暗号化ソリューション
Plug-In方式でデータベースの暗号化を行うソリューションです。
Oracle (Enterprise/Standard), SQL Server, MySQLに対応。

詳しく見る