お客様のビジネスシステムを支える様々なソフトウェアをワンストップでご提供

プロダクト product

SAVi(セイビィ) IBMi IBMiセキュリティ

IBMiのウイルスチェックソリューション

IBMiのオープン化が進み、IFS上にあるPCファイルなどへのセキュリティへの需要が高まる中、SAViはIBMiのIFS上のファイルのウィルス・チェックと、ライブラリにあるオブジェクトの保全性チェックを行い、IBMiのセキュリティを高めます。PCI DSS要件10に対応します。

製品ポイント

  • IBMiを感染源とした、ネットワークへのウィルス蔓延を防止
    (IFS領域でのウィルスの存在を検知)
  • 安全・安心、リアルタイム・ウィルス検知
  • ウィルス感染したファイルをOPENしようとしても事前にブロック
  • 定期的にスキャンを自動実行 スキャン結果は随時参照可能

製品の概要

  • IFSオブジェクト・スキャン
  • リアルタイム検知

検知結果のサマリ

製品の特徴

自動スキャンが可能
自動実行機能(スケジュール実行)が用意されています。例えば、毎日2:00にスキャンをかけるといった運用が可能です。
ディレクトリ指定のスキャンが可能
スキャン対象のディレクトリを指定することができます。また、スキャンしたくないディレクトリがある場合はOMIT(除外)することも可能です。

製品の詳細

機能詳細

IFS オブジェクト・スキャン
IFS(PCファイルが保存できる領域)上に「ウィルス」「トロイの木馬」「悪質コード」などが存在していないかを検索し、発見しだいそれらを隔離します。スキャン完了後、スキャン結果(サマリー情報)をログとして確認することができます。
リアルタイム検知
IFS上のファイルOPEN時のチェック
IFS上のウィルス感染ファイルをOPENしようとした場合(ファイル共有[Net Server]、EDTF etc...)、それを検知しユーザーのアクセスを拒否します。
ウィルスが検知されたファイルは感染ファイルとしてマークされ、以後OPENできなくなるため、感染の拡大を防ぐことができます。
メールのウィルス・チェック
悪質コードを含むメールが送信された場合、受信先に届いてしまう前にSAViが検知するため、 感染の拡大を防ぐことができます。

製品概略図

稼働環境

IBMi V5.4以上

製品のQ&A

現在準備中です。

カタログダウンロード

詳しくは製品カタログをご覧ください。

SAVi(セイビィ)製品カタログ[PDF / 405.5 KB]