お客様のビジネスシステムを支える様々なソフトウェアをワンストップでご提供

プロダクト product

逆コンパイルサービス IBMi サービス 運用管理

失われたソースプログラムを直ちに再作成!

逆コンパイルサービスは、内部コメントを除き、どんなプログラムオブジェクトからも、オリジナルとほぼ同一の新しいソースプログラムを作成することを可能にします。

クイック解説動画

製品の概要



RPG/400 逆コンパイル・サービス

RPG/400、RPG38、RPG36のプログラム・オブジェクト(識別情報の除去されていないもの)から、オリジナルのソースを自動的に再作成します。コメントは再現されません。

COBOL/400 逆コンパイル・サービス
COBOL/400オブジェクト(識別情報の除去されていないもの)から、オリジナルのソースを自動的に再作成します。コメントは再現されません。
NOP RPG/400 逆コンパイル・サービス
識別情報を削除したRPG/400のオブジェクトから、機能的に同等のプログラムを作成します。
RPG II 逆コンパイル・サービス
RPG II のオブジェクトから、機能的に同等のプログラムを作成します。ユーザー定義のアセンブラールーチンは逆コンパイルされません。
CL、DDS 逆コンパイル・サービス
iSeries(AS/400)のDDS、CL(識別情報の除去されたもの)からオリジナルのソースを自動作成します。

製品の特徴

  • 失われたソースプログラムを直ちに再作成できます。
  • プログラムの再作成と比較すると低コストで実現できます。
    いくつか例をあげると、まず変数や定数に関する長さ・タイプ・小数点位置といった情報を保管するオブジェクト・デフィニション・テーブル(ODT)が作成されます。またMI命令番号とソースステートメント番号を関連づけるためのブレーク・オフセット・マッピング・テーブル(BOM)が作成されます。このMI命令番号について、対応するオリジナルのソース情報の処理を行う一連のMI命令が割り当てられます。その他、ソースフィールド、テーブル、アレイなどの名前を保管するシンボルテーブルなども作成されます。
    こうしたテーブルやストラクチャー全てを含むプログラムテンプレートには、オリジナルソースプログラムからのほとんど全ての情報が含まれています。従って、逆コンパイラーは内部コメントを除き、どんなプログラムオブジェクトからも、オリジナルとほぼ同一の新しいソースプログラムを作成することが可能になります。

製品のQ&A

現在準備中です。

カタログダウンロード

詳しくは製品カタログをご覧ください。

逆コンパイルサービス製品カタログ[PDF / 155.7 KB]