お客様のビジネスシステムを支える様々なソフトウェアをワンストップでご提供

プロダクト product

CiscoAMP(シスコアンプ)サポートPLUS Webセキュリティソリューション サービス

CiscoAMP(シスコアンプ)サポートPLUSとは?

クラウド型 PC マルウェア対策ソリューションです。

マルウェアとは、ウィルスやスパイウェアなど悪質なソフトウェアの総称名称です。
マルウェアは近年増加しており、被害として、個人情報を盗み取られたり、嘘の情報サイトへ誘導されたり、サイバー犯罪、第三者による遠隔操作用のPCに利用されるなど深刻な問題となっております。

CiscoAMP サポートPLUSは、クラウド型マルウェア対策ツールのCiscoAMPを使用して、リモート管理、報告レポートサービスをご提供するサービスです。 複雑化するマルウェア対策のお客様の運用負荷を劇的に軽減させ、日々の安全なPCの運用管理を実現します。

従来のマルウェア対策、標的型攻撃対策では、未知・既知マルウェアの侵入経路の特定や最初の感染原因の特定が困難で、また未知マルウェアの感染被害範囲の把握も難しかったのが現状でした。 CiscoAMPは、こうした今までのマルウェア対策ツールでは対応しきれなかった種々の諸問題、いわゆる「侵入経路の特定」、「最初の感染原因の特定」、「感染被害範囲の把握」、「組織管轄下の全PCからのマルウェア一掃」、「再発、実害等の封じ込め」などを解決する画期的なクラウドサービスです。

CiscoAMPの管理・報告サービスの提供

未知のマルウェアに感染した場合、社内ネットワークのPC からマルウェアの検体を特定することは非常に困難です。 検体特定の調査に膨大な時間と費用がかかると感染拡大や情報漏洩の恐れがあります。昨今、様々なウイルスやマルウェアによる被害を報じるニュースが増えてきております。被害にあわれる前に、まずはその対策を講じてみてはいかがでしょうか。

CiscoAMPを利用した対策の流れ

各PCにCiscoAMPのモジュールを導入し、そこから収集された情報を分析していきます。

Step1 進入経路、感染源の特定

感染PC 内のマルウェア感染挙動を管理画面で見ることができます。 例えば、どのブラウザを使って、どのサイトから、どんなファイルをダウンロードしたかを知ることができます。

Step2 感染拡大経路の追跡、感染状況を把握

File Trajectory は、マルウェアが社内ネットワーク上でどのように広がっているかを分析することができます。 いつどの端末でマルウェア感染したのかが判ります。

Step3 感染源と全てのマルウェアを撲滅

未知のマルウェアを発見した場合、ウイルス対策ベンダーの対応を待たずに管理者が検知ルールを作成する事で、 簡単にブロックが可能です。

システム動作環境

対応OS
  • Windows Vista SP2 以上、Windows 7、Windows 8(3.1.4以降)
  • Windows Server 2008

※CiscoAMPのコネクタは、ウイルス対策ソフトと共存できます。
次のウイルス対策ソフトと動作確認済みです。
- McAfee VirusScan Enterprise 8.8
- Microsoft Security Essentials 4.1
- Symantec Endpoint Protection 12.1
- Trendmicro ウイルスバスター コーポレートエディション10.6

※CiscoAMPは、Active DirectoryとLDAPに対応しています。
※ソースファイア社のクラウドを使用するためサーバは不要です。