お客様のビジネスシステムを支える様々なソフトウェアをワンストップでご提供

プロダクト product

KONA Worklight DevOps/モダナイゼーション IBMi

モバイルアプリケーションの開発・配信・一元管理ツール

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスの普及により、ビジネスにおいてもモバイルアプリの需要が高まっています。しかし、いざ現場で取り組もうとすると、モバイルアプリ開発における新たな知識の取得や端末やアプリの管理などのコストがかかってしまいます。KONA Worklightはそんなモバイルアプリの開発、配信、管理を簡単に実現するソリューションです。

Worklight_image.jpg

特長

  • XcodeやJava、.NETなどの開発言語でのモバイルアプリの開発経験がなくても、HTMLとJavaScriptの知識だけでモバイルアプリを作成できます。
  • 1つのコードの開発でiOSやAndroidなどの複数のプラットフォームに対応することができます。
  • 専用のアプリ配信の仕組みを使用することにより、アプリを作成してから配信までのプロセスをスピーディーに行えます。
  • 配信したアプリはKONA Worklightのコンソール画面で一元管理します。
  • コンソール画面からアプリ単位ですぐに利用停止できるので、セキュリティも向上できます。
  • Worklightで配信したアプリは最新バージョンへの強制アップグレードもできます。
  • 企業のデータやWebサービスなどとも簡単に連携できます。

WorklightConsoleのデモ画面

機能概要

  • モバイルアプリの開発は使用している人も多いEclipseを使用して開発
  • HTML5とCSS3、JavaScriptなど標準的なWeb技術だけでモバイルアプリを作成可能
  • iOS、Android、Windows Phone、BlackBerryなどモバイルOSが異なっていても単一の共通コードを利用
  • 社内のSQLサーバーや外部のWebサービスから取得したデータを簡単にJSON形式に変換して使用可能にするアダプタ機能
  • 開発したアプリを実機でのテスト前に様々な種類のデバイスの解像度で検証できるモバイルシミュレーター
  • KONA Worklightアプリケーションセンターを使用してアプリを配信
  • アプリ単位でのリモートワイプ機能
  • コンソール画面からモバイルデバイスへプッシュメッセージ通知
  • KONA Worklightのカタログアプリを使用してのアプリの配信

活用例

  • KONAで作成したWebアプリケーションをモバイルアプリケーションとして配信し、コンテンツの更新、および廃止をリモートから管理
  • 作業現場の状況を撮った写真をドキュメント管理システムに送信し、一元管理
  • アプリケーションのアクセス元の地域情報を集計して、地域別の特性を分析 BIと連動して地域分析