お客様のビジネスシステムを支える様々なソフトウェアをワンストップでご提供

プロダクト product

ProfoundUI DevOps/モダナイゼーション IBMi

ProfoundUI(プロファウンド ユーアイ) IBM iで稼動するWebインターフェースを簡単設計、作成

IBM iのみで完結するWebインターフェースアプリケーションをブラウザベースでデザイン、作成可能

製品ポイント

  • モバイル用アプリも簡単設計
  • Webブラウザから、IBM i用のWebインターフェースを簡単設計
  • プログラムはRPGで作成する為、既存のビジネスロジックをそのまま活用可能
Initial_Developement_Screen.png Mobile_Screen.png











製品の概要

  • Webブラウザからドラック&ドロップ操作で簡単に画面デザインを作成することができます。
  • 作成したデザインは、IBM i上へDDSソースとして保管することができます。

製品の特徴

  • 保管したDDSソースを画面ファイルとして利用することが可能です。(Open Handler機能を利用)
  • RPGをそのままWebアプリケーションとして利用することが可能な為、既存のビジネスロジックの組み込みも容易に行うことができます。
  • 既存アプリケーションをそのまま利用する『Genie(ジーニー)』、既存DDSをHTML5へ変換する『DDS Converter』、新規HTMLを作成し独自インターフェースを作成する『ProfoundUI』と目的に合わせたライセンスを提供

製品の詳細

  • Webサーバー機能は製品にバンドルされる為、特別なライセンスは必要なし。
  • 画面上の部品として、一般的なWebインターフェースであるコンボボックス、チェックボックス、ボタンなどが利用可能。
  • サブファイルを定義し、通常の画面DDSと同様に取り扱うこともできます。

Genie

『Genie』では、既存のアプリケーションを簡単にWebインターフェースへ変換可能です。
変換された画面上でGenieは、既存項目の表示/非表示、テキスト見出しの追記、入力/表示項目の追加、 画像ファイルの差込など、簡単なカスタマイズを行うことができます。
デザインは、表示されている画面上から編集可能です。
また、デザインする画面はテンプレートを用意しており、サブファイルにスクロールバーをつける、 選択項目をドロップダウンリストにするなど、簡単にカスタマイズすることができます。

Genie_Developement_Screen.png Genie_SubFile.png










Profound Mobile

『Profound Mobile』は、ベーシック機能である『Profound UI』との組み合わせで、モバイルに特化したアプリケーションを作成することができます。
Mobileでは、その機器特有の機能と組み合わせることで、従来のエミュレータインターフェースでは実現できなかったオペレーションを提供します。

Mobileを作成するときには、そのデバイスに合わせた画面サイズを選択することが可能です。
Mobile_01.png










デザイン方法は、通常のWebアプリケーションと同様に、ボタン、ドロップダウンリストなどを選択可能です。
また、表形式のデータ表示、データ入力を選択した場合には、自動的にサブファイルとして扱われます。
Mobile_02.png










完成したインターフェースをモバイル用としてリリースすることで、モバイルデバイスからアクセスすることが可能となります。
Mobile_03.png Mobile_04.png Mobile_05.png

また、機器固有の機能を利用しカメラとの連動、タッチパネルの利用など、今までとは違ったインターフェースをご提供します。
Mobile_06.png
















製品のQ&A

現在準備中です。