お客様のビジネスシステムを支える様々なソフトウェアをワンストップでご提供

ニュースリリース news

メールマガジン

三和コムテックお客様メルマガ 2010.9月号

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 三和コムテック お客様メルマガ

      2010.9月号

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

<< 2010.9月号の目次 >>

┌───────────────────────────────────

│三和コムテックの最新トピックス

│

│【セキュリティ】

│ ● Intel社によるMcAfee社買収について

│ ● WAPPLESはガンブラー対策にも有効です

│ ● ワンポイント機能紹介: iSecurity

│        -Audit+++ プログラム管理-

│【ITモダナイゼーション】

│ ● KONAのWindows2000サポートは7月に期限切れとなりました

│ ● クライアントにWindows7導入計画中のお客様の悩み解決!

│【事業継続】

│ ● MIMIX ha1のOS(IBM i)7.1対応版リリース

│

└───────────────────────────────────

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

□ Intel社によるMcAfee社買収について



8月19日に新聞紙面などで、米国マカフィー社(McAfee Inc.)が米国Intel社

(Intel Corporation)により買収されることに合意したとの報道がありました。



三和コムテックが国内の運用をサポートし、McAfee社が提供している

HACKER SAFE / McAfee SECUREサービスに対しては、これまでどおりのサービス

提供をさせていただきますので引き続きご利用のほどよろしくお願い

申し上げます。



米国での発表内容の詳細については、マカフィー社より提示された下記の当該

プレスリリース邦訳をご覧ください。

http://www.hackersafe.jp/topics/100820_mcafee.pdf



なお、今後弊社サイトにて詳細を随時アップデートしていきますのでご参照下さい。

http://www.sct.co.jp/news/



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

□ WAPPLESはガンブラー対策にも有効です



昨年末から話題となっているガンブラーは正規のFTPのIDとパスワードを

使ってサーバーを改ざんするので、通常のウィルスチェッカーでは検知

できず、防御が難しいウェブサイト攻撃となっています。



インテリジェントなWAF(Web Application Firewall)、WAPPLESにはソースの

書き換えを検知する機能があります。ガンブラーによってウェブサイトが

改ざんされたら直ちに管理者に通知することにより、悪意あるサイトへの

誘導という被害が広がる前に適切な対処を行うことができます。



次から次へと登場するウェプサイト攻撃への対応にお悩みの管理者の方は

WAPPLESをご検討ください。



WAPPLESの詳細はこちら⇒(pdf: 1.34MB)

http://www.sct.co.jp/sales/bpw/bpw_1007/WAPPLES.pdf



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

┌───────────────────────────────────

□ ワンポイント機能紹介: iSecurity

│     -Audit+++ プログラム管理-

└───────────────────────────────────



「プログラムの管理」をシステム要件の一つとして挙げるユーザー様が最近増加

傾向にあります。



許可なしに不正にプログラムをコンパイル(作成)されていないか、また誤って

削除されていないかなどをチェックするようにしておくことは、トラブルの予防と

なり、システムのセキュリティを保つことにも繋がります。



iSecurityのAudit+++の機能では、全ライブラリのプログラムの作成、削除、

名前変更、移動、復元の記録を取得することができます。

また、条件を設定したレポートを作成し、取得したログを表示すると、目的の

ログを容易に探し出すことができます。



プログラムの管理を考えている方がいらっしゃいましたら、ぜひこの機能を

ご活用ください。



プログラム管理レポートのサンプルはこちら⇒(pdf: 30KB)

http://www.sct.co.jp/sales/bpw/bpw_1009/Audit+++PgmAdtRpt.pdf



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

□ KONA/eLECTRANのWindows2000/WAS6.0サポート終了



以下の製品についてはKONA/eLECTRANのサポートが終了となりますので、

ご注意ください。

・Windows 2000 についてはベンダーのサポート終了に伴い 2010年7月13日 に

 サポート終了しました。

・WebSphere Application Server v6.0 についてはベンダーのサポート終了に

 伴い 2010年9月30日 にサポート終了します。



最新のサポートプラットフォームは以下になります。

・WindowsServer2008 R2

・WebSphere Application Server Express Ver.7.0.0.7



なお、保守契約されているお客様は製品のサポート情報を三和コムテック

ユーザーページから入手することができますので、ご参照ください。⇒

http://www.sct.co.jp/userpage/



eLECTRANのお客様がWindowsのペースを更新される時は、KONAへの切り替えを

お勧めします。

KONAの利点として下記が挙げられます。

・汎用的なJSTLタグ(2002年に公開されたJSP標準タグライブラリ)を採用

 しているため今後の拡張性に強い

・スクリプト開発ウィザードなどウィザード機能が強化されているので

 新規開発が容易

・システム設計を見直したため、過負荷時のパフォーマンスが50%アップ



KONAのWebページはこちら⇒

http://www.sct.co.jp/product/kona.html



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



□ クライアントにWindows7導入計画中のお客様の悩み解決!



いよいよWindows7への移行が本格化、その際IBM i などホストアプリを

使用するお客様では端末エミュレータの更新・導入の手間とコストが課題に

なります。

弊社のWeb化アプライアンスKONA iBOXはWeb化ツールとHWがセットで導入済み。

開発やセットアップの手間もなく安価で簡単にエミュレータ画面のWeb化を実現

して、新PCにエミュレータソフトを導入する手間とコストを省けます。



Windows7導入計画中のお客様はKONA iBOXをご検討ください。



KONA i BOXの説明はこちら⇒(pdf: 2.41MB)

http://www.sct.co.jp/sales/bpw/bpw_1007/KONAiBOX.pdf



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



□ MIMIX HAのOS(IBM i)7.1対応版リリース



9月10日にMIMIX HAのOS(IBM i)7.1対応版がリリースされました。

保守契約されているお客様は修正モジュールを三和コムテック

ユーザーページから入手することができますので、ご参照ください。⇒



http://www.sct.co.jp/userpage/



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



◇ 編集後記



この夏は酷暑でベランダに出るのも億劫で、プランターへの水やりにもせずに

放っておいたら、すっかり草花がドライフラワーになってしまいました。

とにかく毎日暑くてたまらない、何とかならないか、とぶつぶつ言っていたら

最近「スノーボールアース仮説」と言うのを聞きました。

少なくとも過去2回、地球は赤道に至るまで凍結したことがあるのだとか。

この夏は地球温暖化と騒いでいましたが、こんな寒冷化はたまりませんよね。

それに恐竜時代は今より10度以上気温が高かったそうです。現代はそれに比べれば

冷涼な気候なのだとか。

気は心で、そんなサイトを読みながら、涼しいつもりになっていました。

とにかく秋までもうひと踏ん張り。今月もみずみずしいニュースをお届けします。