お客様のビジネスシステムを支える様々なソフトウェアをワンストップでご提供

ニュースリリース news

プレスリリース

三和コムテックがマイクロソフトと協業開始

2011年2月3日 プレスリリース

三和コムテックがマイクロソフトと協業開始

「Microsoft® Online Services」、「Microsoft® Dynamics CRM Online」を販売

~あわせて自社導入した経験を「SCT導入・運用サービスメニュー」として提供開始~


三和コムテック株式会社は、日本マイクロソフト株式会社(東京都品川区 代表執行役社長:樋口泰行 以下、マイクロソフト)との協業を開始しました。

マイクロソフトが提供する「Microsoft Exchange Online」、「Microsoft SharePoint® Online」、「Microsoft Office Communications Online」、「Microsoft Office Live Meeting」の4製品からなる「Microsoft Business Productivity Online Suite(以下、BPOS)」と、「Dynamics CRM Online」の販売を開始。あわせて自社導入した経験を活かした「SCT導入・運用サービスメニュー」の提供を開始いたします。(販売開始:2月4日より)

弊社では、2010年9月に「BPOS」を社内導入し、従来利用していたWebメールのサービス、内製のスケジュール管理システム、ファイル共有機能を「BPOS」に切り替えました。また顧客管理においては「Salesforce CRM」を使用していましたが、コスト削減、利便性向上を目的にシステム更改することになり、数製品を評価した結果、コスト面、親和性などの理由から2010年12月に「Dynamics CRM Online」を社内導入しました。
「BPOS」、「Dynamics CRM Online」を導入することで、「Microsoft Office Outlook」が共通インターフェースとなり、ユーザーはこれまでの操作性を維持することができるため今まで以上に作業効率が向上し、運用コストを大幅に削減することができました。

社内利用時の利点を実感した上で、単なるサービス販売するだけではなく、自社導入の際に苦慮/考慮した点、効率よく運用するノウハウ、「Salesforce CRM」から「Dynamics CRM Online」へのマイグレーション作業等の経験を活かした「SCT導入・運用サービス」メニューを用意しました。このメニューは、導入されたユーザー(お客様)が即ご使用いただくことでROIを最大限に高めていただける "三和コムテックオリジナルサービス"です。

今後1年間の販売目標として「BPOS」100社、「Dynamics CRM Online」10社の販売・導入を目指します。

●「Business Productivity Online Suite」概要 
1、構成
 ・「Microsoft Exchange Online」→ 電子メール(25GBメールボックス)、予定表共有、会議室予約
 ・「Microsoft SharePoint® Online」 → ファイル共有、ポータル掲示板、情報共有サイト
 ・「Microsoft Office Communications Online」 → インスタントメッセージ、在席確認
 ・「Microsoft Office Live Meeting」 → Web会議、アプリケーション共有
   ※個別サービスでの販売可能です、全部セットでスイートとしても販売しております。
2、特長
・「安い」・・システム導入/運用のコスト削減と既存資産との連携/共存がもたらすIT管理の合理化 
・「便利」・・実績に基づいた豊富な機能によるコミュニケーションやコラボレーションの効率化 
・「安心」・・安全で使いやすいソフトウェアを世界規模のデータセンターで運用する高い信頼性

● 「Dynamics CRM Online」概要  詳細URL:http://www.sct.co.jp/business/detail/000210.shtml
1、機能
・営業企画/マーケティング→顧客情報を整備し、適切なターゲットへの的確なプロモーションを実現
・ 営業支援/SFA→今最もニーズが高いのが SFAとしての利用。戦略に基づき結果を追及する営業活動を支援
・ コールセンター/サービス・・・多数の導入実績をベースに、顧客対応力と運営効率の改善を実現
2、特長
・ 設置型での豊富な実績(23,000社、140万ユーザー以上)を元にしたクラウドサービス
・ 標準的なCRM業務機能を持ちながら、お客様要件に基いたカスタマイズの自由度も高い
・ Outlook等のマイクロソフト製品と連携することで、使い慣れたユーザーインターフェースで使用可能
・ 低コスト、高品質のサービスモデル
・クラウド型から設置型(オンプレミス)への移行も可能な柔軟性

●「Microsoft Business Productivity Online Suite」、「Dynamics CRM Online」価格
1、「Microsoft Business Productivity Online Suite」 Standard 1ユーザー:1,044円/月
2、「Dynamics CRM Online」 1ユーザー:4,660円/月 → 2011年6月末までのキャンペーン価格:3,601円

●三和コムテックが提供する移行・運用サービス内容
1、 「BPOS」SCT導入・運用サービス http://www.sct.co.jp/business/docs/BPOS_SCT_service_menu.pdf
 「BPOS」契約代行サービス   52,500円(20アカウント)~
 「BPOS」移行サービス     52,500円(20アカウント)~
 「BPOS」Active Directory同期サービス 52,500円(20アカウント)~
 スマートフォン導入設定サービス  52,500円(20アカウント)~
 各種手順書のご提供  52,500円/1種類~
 運用コンシェルジュサービス   31,500円(20アカウント)/月~

2、「Dynamics CRM Online」SCT導入・運用サービス
 「Dynamics CRM Online」コンサルティングサービスなど

3、トータルコンサルティングサービス
 お客様個別のご要望に対するサービスも実施いたします。

●マイクロソフト社からのエンドースメントを頂戴しました。
この度は、三和コムテック様のBPOS及びDynamics CRM Onlineの販売及びサービス提供開始を心より歓迎いたします。三和コムテック様は昨年より順次社内システムをBPOSとDynamics CRM Onlineにリプレースされノウハウを溜めて準備されてきました。
今回のサービスは、マイクロソフトのクラウドサービスを三和コムテック様のサービスで補完することにより、システムの導入、移行、運用がスムーズかつ最適なコストで実現するものと期待しています。
弊社では、ユーザーニーズに最新のテクノロジーと信頼できるサービスを提供する三和コムテック様と連携し、お客様への生産性の高いアプリケーションとサービスのご提供をして参ります。

日本マイクロソフト株式会社 執行役 パートナービジネス営業統括本部長 高橋 慎介様

● イベント・セミナー情報
1、「Microsoft Online Services」紹介セミナー
-日時:2011年2月24日(木) 13:00~15:00
-場所:日本マイクロソフト株式会社 品川本社 セミナールーム B
-内容:Microsoft Online Servicesのサービス内容ご紹介&デモ、SCT導入・運用サービスのご紹介 など

2、「Dynamics CRM Onlineへの移行セミナー」 主催: マイクロソフト株式会社
-日時: 2011年3月17日(木) 10:00~12:00 *受付開始 9:45
-会場: マイクロソフト 品川本社 セミナールーム A
-参加: 無料 (事前登録制)
-内容: Dynamics CRM Onlineのご紹介、三和コムテックからはセールスフォースドットコム社CRMからDynamics に移行した理由、移行方法、移行の成果などについて、講演させていただきます。
※詳細/申込URL https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032475777&Culture=ja-JP

■お問い合わせ
○ 報道関係からのお問い合わせ
三和コムテック株式会社 営業部 : 松尾
TEL:03-3583-2518  FAX:03-3583-2387  E-mail:sales@sct.co.jp
○ 製品・サービスについてのお問い合わせ
三和コムテック株式会社 営業部
TEL:03-3583-2518  FAX:03-3583-2387  E-mail:sales@sct.co.jp

※ Microsoft、SharePoint は、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。
※ IBM、System i、iSeries、AS/400はIBM corporationの商標です。
※ iSecurityは、RazLee社の登録商標です。
※ その他、記載している会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。
※ 記載した内容は本発表日現在のものです。