お客様のビジネスシステムを支える様々なソフトウェアをワンストップでご提供

ニュースリリース news

メールマガジン

三和コムテックお客様メルマガ2011.8月号

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 三和コムテック お客様メルマガ

      2011.8月号

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



<< 2011.8月号の目次 >>

┌───────────────────────────────────

│

│【セミナー案内】 

│ ● 9/6 IBM名古屋で"災害対策セミナー"

│ ● 9/16 サイバー攻撃から守る~情報漏えい対策セミナー第2回(予告)

│ ● iSUC 大津大会に出展します

│【災害対策】 

│ ● IBM RDPを利用してIBM i環境をクラウドにバックアップ

│ ● IBM iを在宅で操作できるTelework4i

│ ● ワンポイント機能紹介: MIMIX

│       -ジャーナル分析ツール-

│【セキュリティ】 

│ ● McAfee SECURE facebookページが充実してきています!

│ ● 高度化・悪質化する最近のサイバー攻撃への対抗手段

│ ● WAPPLESの最新バージョンV3R9がリリースされました。

│【システム管理】 

│ ● IBM iのシステム管理ツールVision Director

│

└─────────────────────────────────── 



===================================================================== 



【セミナー案内】 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

□ 9/6 IBM名古屋で災害対策セミナー



9月6日に日本IBM名古屋事業所で「事例に学ぶIBM災害対策ソリューション・

セミナー」が開催されます。



SCTからは「最前線からの事例レポート、どうした!どうする?災害・停電対策」

のタイトルで、震災後のお客様サポートの中から得られた事例・経験則をお話

しします。



今、多くのお客様の関心を集めている話題です。中部方面のお客様はぜひご参加

ください。



詳細・お申込みはこちら⇒

http://www-06.ibm.com/businesscenter/jp/seminar/post_disaster-roadshow/nagoya.html



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

□ 9/16 サイバー攻撃から守る~情報漏えい対策セミナー第2回(予告)



7月22日に開催してご好評をいただいた情報漏洩対策セミナーの第2回を

9月16日に企画しています。



最近のハッキング被害の状況や特色、ウェブサイトへの不正侵入を防止する

ソリューションなど、お客様・パートナーの皆様にとって価値ある情報を

ご提供いたします。



詳細は追って弊社ホームページ( www.sct.co.jp )上でお知らせします。

ご注目ください。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

□ iSUC 大津大会に出展します



10月19日(水)~21日(金)に開催されるiSUC 大津大会にSCTも出展します。

災害対策、セキュリティ、ITリフォームなどのソリューションを展示致します

ので、来場の節はぜひお立ち寄りください。



iSUCの特別割引は9月16日(金)までです。お早目にお申し込みください。⇒

http://www.uken.or.jp/isuc/isuc22/



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

===================================================================== 





【災害対策】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

□ IBM RDPを利用してIBM i環境をクラウドにバックアップ



もうIBMiのバックアップためにいくつものテープをセットする必要はありません。

LaserVault Backupがあります。LaserVault Backupセキュアで効率的なPCへの

バックアップツールです。



また、IBMの「インフォメーション保護サービス - リモートデータ保護(RDP」を

利用して、災害対策のためにIBM iの環境をクラウドにバックアップできます。

データはRDPの機能で重複排除されるので、データ容量を小さくし、バック

アップ時間を短くすることができます。



こちらの資料をご覧ください⇒

http://www.sct.co.jp/sales/bpw/bpw_1108/LaserVaultBackupPresen2011.pdf



LaserVault Backupについて詳しくはこちらをご覧ください⇒

http://www.sct.co.jp/business/detail/000011.shtml



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

□ IBM iを在宅で操作できるTelework4i



今回の震災では、首都圏の交通網が麻痺し、企業のビジネス活動に大きな打撃を

与えました。そうした中、ネットワークと情報通信機器を活用して時間や場所の

制約を受けずに業務をこなすテレワーク/在宅勤務が脚光を浴びています。



外出先や出先拠点からの基幹システムへアクセス。ネットワーク環境を問わずに

業務ポータルを実装できるのがTelework4iは(テレワークフォーアイ)です。



こちらの資料で概要をご覧ください⇒

http://www.sct.co.jp/sales/bpw/bpw_1108/Telework4i_INTRO.pdf



Telework4iについて詳しくはこちらをご覧ください⇒

http://www.sct.co.jp/business/detail/000291.shtml



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

┌───────────────────────────────────

□ ワンポイント機能紹介: MIMIX

│     -ジャーナル分析ツール-

└───────────────────────────────────



MIMIXにはサービスツールというものがあります。これはMIMIXを使用する上で

役に立つコマンド群で、以下のコマンドを実行することにより、PGM、CMDが復元

され使用可能になります。



MIMIX/CHGSRVTOOL OPTION(*ENABLE)



今回はそのツールの中の一つ、ジャーナル分析ツールについてご紹介します。

以下の様に、「DSPJRNSTC」コマンドでジャーナル名、ライブラリ名、

分析したいレシーバの範囲を指定して実行します。



MIMIX/DSPJRNSTC JRN(JrnLib/Jrn) 

       FROMRCV(RcvLib/rcv0100) TORCV(RcvLib/rcv0102)  



コマンドを実行すると「DSPJRNSTC」というジョブがサブミットされ、分析結果が

スプールとして出力されます。内容は、プログラム別、ジョブ別、ファイル別、

ユーザー別、時間帯別のジャーナル量です。

現在の業務で発生しているジャーナルの内訳が知りたいといった時に使用して

みては如何でしょうか。

尚、このジャーナル分析ツールは、MIMIXバージョン6以上で使用可能です。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

===================================================================== 



【セキュリティ】 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

□ McAfee SECURE facebookが充実してきています!



前月号でおしらせしたfacebookの「ネットの安全  McAfee SECURE」ページが

充実してきています。「ネットショッピング達人への道」、「知って安心

kotoba解説」、「怖くない!『警告メッセージ』」、「Happy英語レッスン」の

各カテゴリーでインターネットを安全に、安心して利用するためのTipsが毎週

追加されています。ぜひ一度アクセスしてみてください⇒

http://www.facebook.com/McAfeeSECUREJP



はじめてアクセスする方は、「ようこそ」ページの上部にある「いいね!」を

クリックいただくと、もれなく「McAfeeがお届けするオンラインショッピング

の手引き」を進呈いたします。

オンラインショッピングに関するtipsやノウハウが満載です。どうぞ、いいね!を

クリックしてください。



McAfeeSECUREの詳細はこちら⇒

http://www.sct.co.jp/business/detail/000033.shtml



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

□ 高度化・悪質化する最近のサイバー攻撃への対抗手段



SCTではさる7月22日に「サイバー攻撃から守る~2011年、漏えい事故からひも

解く情報漏えい対策セミナー」を開催させていただきましたが、この中で最近の

サイバー攻撃の特徴として、"まだ世の中に知られてない脆弱性を利用した攻撃

=ゼロデイアタック"が増えていることが指摘されました。



高度化・悪質化するサイバー攻撃への対抗手段を探しているお客様からは、脆弱

性の診断とその処置を組み合わせた多層的な不正アクセス防御サービスの「Web 

SecuritySuite(WSS)」へのお問い合わせが急増しています。



WSSはクライアントのふるまいからサイバー攻撃を識別するヒューリスティック

(過去の事例から未知のものに対して予測を行う)分析機能を持ったWeb Application

Firewall(WAF)=WAPPLES(ワップル)を利用することにより、ゼロデイアタック

などの最近のサイバー攻撃に他対する防御手段を提供します。



WSSの詳細はこちら⇒

http://www.sct.co.jp/business/detail/000270.shtml



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

□ WAPPLESの最新バージョンV3R9がリリースされました。



前項でご紹介したWAPPLESがWebshell攻撃に対応できるようになりました。



Webサイトへファイルをアップロードするようなアプリケーションがあった場合、

ファイルの拡張子だけではなく、コンテンツの内容も検知対象として、問題が

あれば通信を遮断します。最近は画像ファイル(jpg, gif)等になりすました

webshellファイルもあります。これらのファイルは一般的なシグニチャタイプ

のIDSやIPS、WAFを通過してしまいますが、WAPPLESであれば対応できます。



WAPPLESの詳細はこちら⇒

http://www.sct.co.jp/business/detail/000102.shtml



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

===================================================================== 



【システム管理】 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

□ IBM iのシステム管理ツールVision Director



IBM iのシステム管理を自動化し、オペレーターと管理者の時間をセーブしつつ

資源の最適化を行うのがVision Directorです。



ディスク利用の改善、パフォーマンスの改善、計画停止時間の短縮などの効果

があります。



こちらの資料で概要をご覧ください⇒

http://www.sct.co.jp/sales/bpw/bpw_1108/VisionDirector8_1_Presen.pdf



詳しくは弊社営業までお問い合わせください⇒

http://www.sct.co.jp/contact.html



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

===================================================================== 



◇ 編集後記 



今年はなんだか蝉の出現が遅いような気がします。

もしかして、幼虫は地上の異変を感じて出てくるのを延期したのかもしれません。

日本の蝉が地中にいるのはせいぜい7年ですが、アメリカには17年ゼミ、13年ゼミ

などの周期的に大発生する蝉がいるそうです。なぜ素数なのか? と興味をもって

ネットを泳いでいたら、日本人の研究者が最近コンピュータ・シミュレーションに

よる理論モデルその謎を解明したことを知りました。ポイントは交雑により発生の

周期がずれることを防ぐことと、「個体数が一定の数を割り込むと一気に絶滅に

向かう」という「アリー効果」によるのだそうです。(詳しく知りたい方は「素数

ゼミの謎」「素数ゼミの秘密に迫る」「吉村仁」などで検索してください。)

いよいよ夏本番です。暑いさなかに脱皮して成虫になる蝉のように元気でありたい

ものです。