お客様のビジネスシステムを支える様々なソフトウェアをワンストップでご提供

ニュースリリース news

メールマガジン

三和コムテックお客様メルマガ2012.4月号

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 三和コムテック お客様メルマガ

      2012.4月号

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



いつも三和コムテックをご愛顧いただき厚く御礼申し上げます。



<< 2012.4月号の目次 >>

===================================================================== 

┌───────────────────────────────────

│ 

│【ハイライト】 

│ ● iPad進呈!! 4月26日 クラウドを活用した災害対策最新事例セミナー

│ ● ソリューション一覧 春季号ができました

│ ● 2012年度の新たなソリューション分類

│

│【セキュリティ】 

│ ● 内部診断と外部診断を組み合わせた画期的な脆弱性診断サービス開始!!

│ ● サイトの安心にかかわるニュース記事満載のFaceBookページ

│

│【障害・災害対策】 

│ ● MIMIX Availability v7.1 発表!!

│ ● ワンポイント機能紹介: MIMIX

│       -DGファイル項目のチェックについて-

│

│【ビジネス・プロセス・マネージメント】 

│ ● ECM分野での新製品発表予定

│ ● KONA/eLECTRANのお客様への重要なお知らせ

│

│【その他】 

│ ● SCTのニュースリリースをTwitterでフォローしてください 

│

└─────────────────────────────────── 

===================================================================== 



【ハイライト】 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

□ iPad進呈!! 4月26日 クラウドを活用した災害対策最新事例セミナー



昨年の大震災の教訓として、災害対策を考えることが万が一の際の事業継続に

とって重要であることが明らかになりました。一方で自社の設備だけであらゆる

リスクに備えるのは現実的には過大な負担です。



そこで有力な選択肢として浮かび上がってきたのがクラウドの利用です。



本セミナーでは、これまで培った多くの事例をもとに、お客様の関心の高い弊社の

BCPソリューションと、パートナー様各社(日本IBM、CSIソリューションズ、

日本情報通信)のクラウドサービスとを組み合わせて、突然の災害にもビジネスを

止めないソリューションをご紹介します。

併せて3/26に発表されたMIMIX v7.1の最新機能についてもご説明いたします。



☆今回のセミナーでは、参加者の方から抽選で一名様に最新のiPad(WiFi 16Gモデル)

 を進呈いたします。!!☆



開催日が来週に迫っております。

この機会をお見逃しなく、ぜひご来場お申込みください。



開催日時: 4月26日(木)14:00~16:30 (受付開始 13:30) 

開催場所: 日本アイ・ビー・エム株式会社 

       IBMイノベーション・センター(渋谷マークシティウエスト18階)

定員   : 60名

参加費 : 無料 / 事前登録制



詳細およびお申し込みはこちら⇒

http://www.sct.co.jp/seminar/detail/000375.shtml



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

□ ソリューション一覧 春季号ができました



三和コムテックの全ソリューションを一冊でご紹介する「ソリューション一覧」

の春季号ができました。新製品「Double-Take Move for AIX」「Guardium」

「Webサイト脆弱性診断サービス」「LogRevi」などが追加されています。



・Double-Take Move for AIX

 ダウンタイムなしにAIXシステムのマイグレーションが可能に

・Guardium

 データベースのアクセスを監視する

・LogRevi

 システムログを高速で検索

その他、HA・障害災害対策、セキュリティ、ITモダナイゼーション、クラウド

などの領域でお客様にお役立ちできる多くのソリューションが満載です。



こちらからダウンロードください(pdf/4.7MB)⇒

http://www.sct.co.jp/business/solution_list.pdf



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

□ 2012年度の新たなソリューション分類



SCTでは4月1日よりソリューション分野を下記4つに再編成し、担当事業部の

推進体制のもとにソリューションの益々の充実・サポート体制の強化・製品の

品質向上を行って参ります。



 ・BCP&コンプライアンス

  災害対策、セキュリティ対策は今年もお客様のビジネスにとって重要な

  課題であり続けます。MIMIX、Double-Take、iSecurityなど実績ある

  ソリューション群に加え、AES/400やLIAIZONと暗号化ソリューションも

  推進します。

 ・Cloud&Service

  今やITの主役となったクラウド。弊社はパートナー様のクラウドサービス

  にBCP、セキュリティ、システム連携など付加価値を加えるソリューション

  &サービスをご提供できます。

 ・WebSecurity

  Webサイトの脆弱性診断は安価で実績のある自動診断から、徹底的に脆弱性

  をあぶりだすサービス、脆弱性の防御手段などWebサイトの脆弱性対策まで

  をワンストップでご提供します。

 ・BPM(Business Process Management)

  お客様のビジネスプロセスを効率化・迅速化・最適化する様々なソリュー

  ションをご提供します。



今後とも一層のお役立ちを目指してまいりますので、引き続きお引き立てを

賜りますようよろしくお願いします。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

===================================================================== 



【セキュリティ】 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

□ 内部診断と外部診断を組み合わせた画期的な脆弱性診断サービス開始!!



SCTではWebサイトの脆弱性を毎日診断するサービスを「McAfee SECURE」として

ご提供しております。おかげさまで多くのお客様にご利用いただいている中で、

「Webサイトに公開する前にアプリケーションの脆弱性を診断したい」という

ご要望がお客様から上がってきました。

この声にお応えする形で、このたび内部診断と外部診断を組み合わせたサービス

として「Webサイト脆弱性診断サービス」をご提供することになりました。



内部診断にはIBM製「AppScan」を利用しアプリケーションの開発・更新の

タイミングで診断を行い、その時点での既知の脆弱性に対処します。Webサイトに

公開後はMcAfeeSecureによって毎日診断を行い、新規の脆弱性が発生して

いないことを確認します。



内部診断と外部診断を組み合わせたサービスは他社では提供されていない

画期的なものです。



詳細につきましては弊社営業にお問い合わせください。⇒

https://www.sct.co.jp/contact/



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

□ サイトの安心にかかわるニュース記事満載のFaceBookページ



FaceBookページ「サイトの安心:McAfeeSECURE」ではその名の通り

ウェブサイトの安心に関わる様々の最新記事を毎日紹介しています。

最近の記事には、

・Appleのマルウェア「FlashBack」について

・セキュリティ企業英Sophotsへの不正アクセス

・3月のウィルス検出数(IPA調べ)

・2011年に増加傾向を示したセキュリティの脅威

などがあります。



このサイトをチェックしているとマルウェア、ウェブサイト攻撃、

セキュリティ製品などの最近の動向が一目でわかります。ウェブサイト

のご担当者必見です。



こちらのFaceBookページをご覧ください⇒

http://www.facebook.com/McAfeeSECUREJP



三和コムテックのHP( www.sct.co.jp )の右上のMcAfeeSECUREロゴの下にある

「いいね」ボタンを押してもアクセスできます。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

===================================================================== 



【障害・災害対策】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

□ MIMIX Availability v7.1 発表!!



3月26日にMIMIX AVAILABILITY の新バージョン7.1が発表されました。

新バージョンは、同期のパフォーマンスの向上、監査の優先実行、ターゲット

システムでのデータモニタリングなどを通じて、"より速く より強く より

スマートに"なっています。



また、旧MIMIX Directorは革新的で自動的なIBM iのための最適化ツール 

「iOPTIMIZE  v7.1」として生まれ変わりました。



営業によるご説明・デモ等ご希望のお客様はこちらからお申し込みください⇒

https://www.sct.co.jp/contact/



MIMIXファミリーの製品ページはこちら⇒

http://www.sct.co.jp/business/product/mimix/



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

┌───────────────────────────────────

□ ワンポイント機能紹介: MIMIX

│     -DGファイル項目のチェックについて-

└───────────────────────────────────



MIMIXのファイル項目は、同期対象のファイルが全て登録されていますが、

実際のファイルの存在の有無と食い違っていることもあります。

今回紹介するのは、その部分をチェックするコマンド「CHKDGFE」です。



これはMIMIX監査のルール#DGFEで使用されているものです。

ソース、ターゲット各マシンで実際のファイルの存在と、そのファイルが

MIMIXのファイル項目に登録されているか否かをチェックし、スプールや

アウトファイルに出力してくれるものです。



これは、MIMIXのオブジェクト項目の設定に基づいて動作するので、

除外設定しているファイルについて拾ってきてしまうことはありません。

MIMIX監査でルール#DGFEを実施されていない場合、同期対象のファイルに

漏れがないか、あるいは既にファイルがないのに対象になっているものが

ないかといったことをチェックしてみては如何でしょうか。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

===================================================================== 



【ビジネス・プロセス・マネージメント】 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

□ ECM分野での新製品発表予定



日本版SOX法などの影響で企業内の文書やコンテンツを組織的に管理するECM

(Enterprise Content Management)への関心が高まっています。

SCTでは、シンコム・システムズ・ジャパン株式会社様と協力して各種の

デバイスやIT機器を統合してECMを実現する新製品を5月に発表する予定です。 

詳細は弊社HP( www.sct.co.jp )のニュースリリースでご案内いたします。

ご期待ください。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

□ KONA/eLECTRANのお客様への重要なお知らせ



KONA/eLECTRANのお客様に以下のお知らせがあります。



 +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 +【IBM WAS重要情報】Webサーバー・プラグインのデフォルトの鍵データ +

 + ベース自身が2012年4月26日で有効期限切れとなる。                 +

 +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



2012年4月26日以降、WASへの通信ができなくなる場合があります。

KONA/KONA Express/eLECTRANのアプリケーション・サーバとしてIBM社の

WebSphere Application Serverをご使用中で、かつ

SSL通信をご利用の場合に、本問題が該当する可能性があります。

http://www-01.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg21588733



詳細はユーザーページをご確認ください。

http://www.sct.co.jp/userpage/



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

===================================================================== 



【その他】 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

□ SCTのニュースリリースをTwitterでフォローしてください 



弊社のホームページでは随時最新のニュースリリースを掲載していますが、

このほどTwitterのフォローボタンがつきました。Twitterのアカウントを

お持ちの方はこちらのボタンを押して、三和コムテック広報(SanwaComtecPR)

をフォローしてください。

ニュースリリースが掲載されるたびにTwitterのつぶやきでお知らせしますの

で最新のお知らせを見逃しません。



ぜひお試しください。



SCTのホームページ⇒

http://www.sct.co.jp/



三和コムテック広報のTwitterサイトのアドレス⇒

http://twitter.com/#!/SanwaComtecPR



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

=====================================================================