お客様のビジネスシステムを支える様々なソフトウェアをワンストップでご提供

ニュースリリース news

プレスリリース

Webセキュリティ・ソリューション「クロススキャン」提供開始

Webアプリケーション作成時から公開後まで、セキュアなサイト運営をサポート

急増するハッキングリスクを管理し、ブランドイメージを維持する
Webセキュリティー・ソリューション「クロススキャン」提供開始

三和コムテック株式会社(社長:柿澤晋一郎、本社:東京都港区)は、ハッキングに対抗して安全なWebサイトを運用し、ブランドイメージの維持に貢献するWebセキュリティー・ソリューション「クロススキャン」(英語表記"cross scan")を10月中旬より提供を開始いたします。

Webサイトからの情報漏えい事件は後を絶たず、近年では、標的型と呼ばれる攻撃が増えています。ハッキングは、Webサイトの脆弱性を狙い、情報漏えい、改ざん、サービスの停止、踏み台、フィッシングなど様々な被害を及ぼします。脆弱性は、デバイス、OS、アプリケーション、Webのアプリケーションに存在し、多いときには20個/日以上の脆弱性の報告があります。ハッキングで狙われる脆弱性はほとんどが、既知の脆弱性でもあります。

三和コムテックの「クロススキャン」は、安全なWebサイトを公開前の作成時から診断し、公開後も最新の脆弱性DBを使用して効率よくセキュアなWEBサイトの維持に貢献するWebセキュリティー・ソリューションです。

「クロススキャン」はクラウドサービスとして提供され、従来手作業で行われていた脆弱性診断と同等の複雑なアプリケーション診断をはるかに低価格で実現できます。

【「クロススキャン」のアピールポイント】
• Webアプリケーション作成時から公開後の運用まで(脆弱性診断を実施することで)セキュアなサイトの構築と維持
• サービス化でお客様の運用負荷も軽減
• きめ細やかな診断で複雑なアプリケーションも診断!
• 安全マークでサイトのプランドイメージの強化 



Web脆弱性診断サービス


【「クロススキャン」の特長】
• Webアプリケーションの開発中、公開前に脆弱性の診断をすることにより、効率よく開発がすすめられる。 
• 入力フォームなどパラメータやシナリオ作りをして脆弱性の検査ができる
• 充実のレポートの機能
• 公開前・公開後共クラウドサービスで提供
• PCIDSS(Payment Card Industry Data Security Standard.)の基準で毎日診断する
• 安全なサイトを安全マーク(McAfee SECURE)でアピール 

【対応プラットフォーム】
• IBM i • AIX • Linux • Windows • HP • Solaris • BSDなど 

【提供価格】
• 年間 100万円より
【問合せ先】
• 三和コムテック(株)ソリューション営業部 / Tel: 03-3583-2518 / Mail: sales@sct.co.jp

■「McAfee SECURE」について
安心・安全なWEB利用の促進を目的としたサービス。外部からアクセスされるWebサイトやルーター、ファイアーウォール、DNSなどのネットワーク機器を、毎日診断するクラウドサービスで、診断結果により、Webサイトに安全証明マークを発行します。
「McAfee SECURE」は、各種企業、ECサイト、政府機関サイトなど世界30カ国、75,000サイト以上で採用されており、「McAfee SECURE」証明マークを掲載しているサイトは、安全性の高いサイトとして認知され、総ページビューは、世界中で2億5000万/日を超えています。

【本件に関するお問い合わせ先】
報道関係からのお問い合わせ 三和コムテック株式会社 CS企画 村上
営業関係のお問い合わせ    三和コムテック株式会社 第2営業グループ 岡山