お客様のビジネスシステムを支える様々なソフトウェアをワンストップでご提供

ニュースリリース news

メールマガジン

三和コムテックお客様メルマガ2012.10月号

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 三和コムテック お客様メルマガ

      2012.10月号

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



いつも三和コムテックをご愛顧いただき厚く御礼申し上げます。



<< 2012.10月号の目次 >>

===================================================================== 

┌───────────────────────────────────

│

│【ハイライト】 

│ ● iSUC仙台大会のSCTセミナーで新発表! iPod touch抽選会&クオカード進呈!

│

│【セキュリティ】 

│ ● Webセキュリティソリューション「クロススキャン」をリリース

│ ● AP Journal 新バージョンを記念して特価販売!

│ ● 暗号化ソリューションに新たなラインアップ - Secure ZIP!

│ ● 監査ログの取得にはGuardiumを!

│

│【障害・災害対策】 

│ ● MIMIXのご紹介動画ができました

│ ● ワンポイント機能紹介: MIMIX

│       -新バージョン7の新機能紹介 その3 ターゲットジャーナル検査-

│

│【ビジネス・プロセス・マネージメント】 

│ ● スマホ・タブレット端末によるホストアクセスの活用事例が増えています

│ ● eLECTRAN/KONA/KONA ExpressでのWAS6.1を利用上の注意

│

│【その他】 

│ ● SCT facebook公式ページをご覧ください

│

└─────────────────────────────────── 



===================================================================== 



【ハイライト】 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

□ iSUC仙台大会のSCTセミナーで新発表! iPod touch抽選会&クオカード進呈!



IBMユーザーのユーザーによるユーザーのための研究会、iSUCが今年は仙台で

11月7日(水)~11月9日(金)の日程で開催されます。三和コムテックは今年も

出展企業として参加します。



三和コムテックのブース(ブース番号25)ではITモダナイゼーション、

セキュリティー、災害対策をテーマに出展いたします。

┌───────────────────────────────────

│☆このメルマガご持参の上ブースにご来訪いただいたお客様には

│ クオカード(500円券)を進呈します(先着100名様)☆

└───────────────────────────────────



さらに今回は、最終日にセミナー講演を行います。

セミナーではITモダナイゼーション分野での新発表を予定しています。

 ●11月9 日 10:35~10:55 モールセミナー会場

  セミナータイトル「簡単、キレイが進化したIBMiのWeb化ソリューション」

┌───────────────────────────────────

│☆セミナー終了後抽選会を行い iPod touchを進呈します☆

└───────────────────────────────────



ぜひお立ち寄りください。



詳細はこちら⇒

http://www.sct.co.jp/seminar/detail/000437.shtml?src=us



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

===================================================================== 



【セキュリティ】 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

□ Webセキュリティソリューション「クロススキャン」をリリース



最近海外からのWebの改ざん事件が急激に増えています。



SCTでは、ハッキングに対抗して安全なWebサイトを運用し、ブランドイメージ

の維持に貢献するWebセキュリティソリューション「クロススキャン」

の提供を開始しました。



「クロススキャン」は、安全なWebサイトを公開前の作成時から診断し、公開後も

最新の脆弱性DBを使用して効率よくセキュアなWEBサイトの維持に貢献します。

「クロススキャン」はクラウドサービスとして提供され、従来手作業で行われて

いた脆弱性診断と同等の複雑なアプリケーション診断をはるかに低価格で実現

できます。



クロススキャンの製品ページはこちら⇒

http://www.sct.co.jp/business/detail/000411.shtml?src=us



動画はYouTubeから視聴できます。⇒

http://youtu.be/IpwYtDxmQIw



日経産業新聞でもとりあげられました。記事の内容はこちら⇒

http://www.sct.co.jp/news/article/000433.shtml?src=us



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

□ AP Journal 新バージョンを記念して特価販売!



J-SOX対応ソリューションの決定版、AP-Journal新バージョン V8が

近日リリース予定です。



J-SOXなどの監査では会計データの参照・更新履歴の提示を求められるケースが

ままあります。AP-Journalを使えば、データベース・ファイルのレコード更新

及び参照を履歴として残すことができます。

監査から特定の期間のログの提示を求められた際も、AP-Journalレポート機能を

使えば、簡単に一覧を作成することができます。

上記のようなレポートを定期的に自動出力する機能もあり、定期監査の

際にレポート作成の労力を軽減できます。



[AP-Journal V8新機能]

・IFSオブジェクト、データエリアの更新履歴の取得に対応。

・SYSLOG送信機能が追加。

・内部記述データの表示に対応。

・ファイルのレイアウト変更に対応。(※変更後/変更前のいずれも適切に表示

 させることが可能)

・監視(ジャーナル)対象ファイルの上限が変更(300⇒2,000ファイル 

  ※1定義あたり)



新バージョンを記念してAP-Journalを特価提供します。システム構成により価格

が異なりますので、詳細は代理店もしくは弊社営業までお問い合わせください。



AP Journalの製品ページはこちら⇒

http://www.sct.co.jp/business/detail/000014.shtml?src=us



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

□ 暗号化ソリューションに新たなラインアップ - Secure ZIP!



機密データは「暗号化が望ましい」時代から「暗号化しなければならない」

時代に来ています。

BYOD(Bring Your Own Device)による業務の効率化が迫られる中にあって旧来の

ファイアウォール、アクセス制御、物理セキュリティなどの対策だけでは情報

漏えいのリスクを防ぐことはできません。データ自身にセキュリティ保護の仕組み

- データセントリックセキュリティ - が必要です。



SecureZIPは次世代ZIP規格に基づくデータセキュリティツールです。

・データに対する「圧縮+アーカイブ+暗号化+認証」を一つのソリューションで実現

・マルチプラットフォーム環境に対応した、ポータブルなセキュア・ファイル

システム即ちデータセントリックセキュリティ環境構築のための基盤ソフトウェア

です。



PCだけでなく、ミッドレンジやメインフレームを含め、以下のような様々なプラット

フォームに対応しています。



 ■デスクトップ向け製品:Microsoft Windows 対応

 ■サーバ向け製品: Microsoft Windows 対応

   Sun Solaris (UltraSPARC), IBM AIX, HP HP-UX, Linux 対応

 ■ミッドレンジ向け製品: IBM System i (OS/400, i5/OS) 対応

 ■メインフレーム向け製品:IBM System z (z/OS) 対応



三和コムテックでは全世界で25,000社以上の会社で使われているSecure ZIPを

取り扱い製品に加え、暗号化ソリューションをさらに充実させました。

データ保護に不安のあるお客様はぜひ一度ご相談ください。



お問い合わせはこちら⇒

https://www.sct.co.jp/contact?src=us



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

□ 監査ログの取得にはGuardiumを!



最近のセキュリティの監査ではデータベースのアクセス記録を求められることが

多くなってきています。

IBM iではiSecurityでそのした機能が提供されますが、他のプラットフォームに

対してもデータベースのログ取得やアクセス制御が行えるのが「Guardium

(ガーディアム)」です。70種類以上の監査対応レポートテンプレートを装備して

います。



ISMS, J-SOX等のセキュリティ監査対策でお悩みのお客様は一度ご相談ください。



Guardiumの製品ページはこちら⇒

http://www.sct.co.jp/business/detail/000412.shtml?src=us



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

===================================================================== 



【障害・災害対策】 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

□ MIMIXのご紹介動画ができました



IBM iのための災害対策ソリューションMIMIXについて4分36秒で解説した動画が

できました。これから災害対策を考えたいというお客様向けに、ITシステムの

災害対策を実施することで得られるメリットとその仕組みをわかりやすく解説

しています。



動画はYouTubeから視聴できます。⇒

http://youtu.be/QQxxwym4MB0



また、三和コムテックの動画チャンネルから他の動画もぜひご覧ください。

http://www.youtube.com/SanwaComtec



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

┌───────────────────────────────────

□ ワンポイント機能紹介: MIMIX

│     -新バージョン7の新機能紹介 その3 ターゲットジャーナル検査-

└───────────────────────────────────



MIMIXの最新バージョン7では、新しい機能が追加されています。

前回に引き続き、その新機能を紹介していきたいと思います。



今回は「ターゲットジャーナル検査」という機能です。

MIMIXはソースシステム(本番機)で発生したジャーナルを読み取り、

ターゲットシステム(バックアップ機)で更新内容を適用している時、

ターゲットシステム側で適用の結果としてジャーナルが出力されています。

「ターゲットジャーナル検査」は、そのターゲットシステム側で出力された

ジャーナルを読み取り、MIMIX以外のジョブが更新していないかどうかを

監視し、不正な更新を回復するという所まで実施してくれます。



バックアップ機側でジャーナル定義名と同名のジョブが常駐して

ジャーナルを監視し、「MXREPMGR」というジョブが不正更新を回復します。



設定はジャーナル定義内の新パラメータを「*YES]にすることで可能です。

新パラメータは「ターゲットジャーナル検査(TGTJRNINSP )」です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

===================================================================== 



【ビジネス・プロセス・マネージメント】 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

□ スマホ・タブレット端末によるホストアクセスの活用事例が増えています



最近スマホやタブレット端末からKONAを利用してIBM iなどのホストにアクセス

する事例が増えています。



A社ではこれまでPC上の5250エミュレータ端末から売上入力等の販売管理業務

を行っていましたが、店舗でiPadから販売データを入力するようにしました。

お客様にスタイリッシュなイメージを与えることができると好評です。



「在庫確認や日報入力などを営業全員ができるようにしたい」といった要望は

多くのお客様で聞かれます。ブラウザーでホストアクセスすることができる

ようにすることで、従来のホストアプリケーションを活用しながら最新の

システムを構築できます。しかもPCを導入するよりも安価です。



ITモダナイゼーションを推進するKONAの製品ページはこちら⇒

http://www.sct.co.jp/business/detail/000103.shtml?src=us



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

□ eLECTRAN/KONA/KONA ExpressでのWAS6.1を利用上の注意



eLECTRAN/KONA/KONA ExpressでWAS6.1を利用しているお客様をお持ちの

パートナー様は以下にご注意ください。



WASv6.1のサポート期間が1年間延長されました。

WASv6.1をご利用のお客様におかれましては、2013年9月30日にはサポートが終了

しますので、WASのバージョンアップをご検討ください。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

===================================================================== 



【その他】 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

□ SCT facebook公式ページをご覧ください



SCTのfacebook公式ページをご存知ですか?

最近のアナウンスメント、資料の公開に関するお知らせ、セミナーの

模様など、三和コムテックに関わる様々のお知らせを行っています。

ホームページのニュースリリースではカバーされていない情報も満載です。



ホームページ( www.sct.co.jp )の右下にあるFacebookのコーナーで、「いいね」

をクリックしてください。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

=====================================================================