お客様のビジネスシステムを支える様々なソフトウェアをワンストップでご提供

ニュースリリース news

メールマガジン

三和コムテックお客様メルマガ2013.4月号

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 三和コムテック お客様メルマガ

      2013.4月号

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



いつも三和コムテックをご愛顧いただき厚く御礼申し上げます。

本メールは、弊社社員と名刺交換をさせて頂いた方、弊社の商品に関する

情報送付を希望されたお客様の電子メールアドレス宛にご案内しております。



<< 2013.4月号の目次 >>

===================================================================== 

┌───────────────────────────────────

│

│【ハイライト】 

│ ● 来週開催! 4/24, 25 スマートデバイス・ビジネスソリューションフェア

│ ● iMagazine5月号にSCTのPureSystems事例が掲載されます

│ 

│【障害・災害対策 / システム統合】 

│ ● PureSystemsへの移行にはPurePackがお勧めです!

│ ● もっと知りたい!PureSystems講座(1)

│

│【セキュリティ】 

│ ● マルウェアDarkleech Apache Moduleにご注意ください

│

│【ビジネス・プロセス・マネージメント】 

│ ● eLECTRAN→KONA2へのリニューアルのお勧め

│

└───────────────────────────────────  

===================================================================== 



【ハイライト】 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

□ 来週開催! 4/24, 25 スマートデバイス・ビジネスソリューションフェア



4/24(水)、4/25(木)の両日、IBM箱崎事業所でBOEコンソーシアム主催の

「スマートデバイス・ビジネスソリューションフェア」が開催されます。



本フェアでは、企業におけるビジネスシーンでスマートデバイスはどのように

活用されているのか?どのようなセキュリティが必要なのか?など、スマート

デバイス導入のポイントをご紹介すると共に、企業利用を目的とした数多くの

スマートデバイス対応ビジネスソリューションを体験いただけます。



三和コムテックのセッションではスマートデバイスでホスト業務を行うソリュー

ションとして、昨年紹介させていただいた「KONA」よりさらにパワーアップした

「KONA2」を紹介させていただきます。

スマートデバイスの業務利用を検討しているお客様にぜひお申込みください。



 ★このメルマガを弊社ブース(No.14)にご持参のお客様にはご来場記念に

  クオカードを進呈します。



詳細および申し込みはこちら⇒

http://www.boe-c.jp/seminar2013/sdcfaire0424.html

(申し込み書の「紹介企業」には「三和コムテック」とご記入ください)



KONA2の製品ページはこちら⇒

http://www.sct.co.jp/business/detail/000103.shtml?src=gn



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

□ iMagazine5月号にSCTのPureSystems事例が掲載されます



IBMiユーザーのための情報誌「iMagagine」5月号(5月中旬販売予定)にSCTの

インタビュー記事が掲載されます。



インタビューでは、弊社で今年1月に導入したPureFlex Systemsについて、導入

するメリット、導入する上での苦労話などを披露しています。

現在弊社の社内環境をPureFlex Systemsで統合中ですが、こうした統合を支援

するツールとしてPurePackについてもご紹介させていただいています。



これからPureSystemsを導入される方、導入を支援される方にはいろいろとご参考

になる点が多いと思います。



ぜひご覧ください。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

===================================================================== 



【障害・災害対策 / システム統合】 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

□ PureSystems への移行にはPurePackがお勧めです!



PurePackは、HAソリューションのテクノロジーを活用することで、

様々なOSからPureSystemsへのゼロ・ダウンタイム移行を実現します。

また、移行後はBCP対策として活用できるソリューションです。



弊社ホームページにPurePackの専用ページができました。

ぜひ、詳しい内容をご覧ください。⇒

http://www.sct.co.jp/business/detail/000458.shtml?src=gn



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

┌───────────────────────────────────

□もっと知りたい!PureSystems講座(1)

└───────────────────────────────────



今回から4回にわたり、注目のPureSystemsの技術情報をお届けします。

第一回目は、PureFlex Systemの概要を解説します。



 PureFlex Systemは「ハードウェア」「ネットワーク」「ストレージ」

 「セキュリティ」「仮想化」を一元管理できる優れたシステムです。

 以前はこれらを総合的に考慮して構築する必要がありましたが、

 PureFlex Systemの仮想化、自動化の技術によって、より簡単に

 より効率的に作業を行うことができるようになりました。

 Power Systems(IBMi/AIX)のサーバー構築に関しても、

 「ボリューム」「ネットワーク」「I/Oアダプタ」を管理コンソール上から

 全て行うことができるため、物理的な結線などの悩みから解消されます。

 また、区画の作成、作成後のリソース管理についても管理コンソール上

 から一元的に行うことができます。



このように、PureSystemsは運用上のメリットが大きいシステムです。

また、SCTではPureFlex Systemsへの移行をサポートしています。

移行については、本メルマガや弊社ホームページで随時ご紹介してまいります。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

===================================================================== 



【セキュリティ】 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

□ マルウェアDarkleech Apache Moduleにご注意ください



「サイトの安心 McAfee SECURE」のfacebookページでも触れておりますが、

先月中旬以降、複数のWebサイトで、Webサーバー「Apache」に不正なモジュール

「Darkleech Apache Module」が仕込まれ、アクセスしてきたユーザーのPCを

マルウェアに感染させる被害が国内でも報告されています。

先日JPCERT/CCからも、「旧バージョンのParallels Plesk Panelの利用に関する

注意喚起」が発表されました。



McAfee SECUREでサイトを毎日診断いただくことは、古いバージョンのソフトなどを

ご利用になられているかなど、現状を把握していただくのにも役立ちます。

ぜひご活用ください。



「サイトの安心 McAfee SECURE」のfacebookページはこちら⇒

https://www.facebook.com/McAfeeSECUREJP



*McAfee SECUREの製品ページはこちら⇒

http://www.sct.co.jp/business/detail/000033.shtml?src=gn



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

===================================================================== 



【ビジネス・プロセス・マネージメント】 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

□ eLECTRAN→KONA2へのリニューアルのお勧め



三和コムテックが長年ご提供させていただいているモダナイゼーションツール

「eLECTRAN」が「KONA2」へ簡単にリニューアルできることをご存知でしょうか?

eLECTRANの既存のスクリプトは移行ツールで容易にKONA2へと変換することができます。



KONA2は、ITモダナイゼーションツールのKONAが昨年さらに使いやすく

グレードアップしたバージョンです。単にIBMiの画面をWeb上で見せるだけでなく、

現在のお客様状況に最適なモダナイゼーションを構築することができます。

KONA2はスマートデバイスにも対応しており、MIX-Auto機能を利用して、Web

らしい画面作成もより自由度が高く作成できます。



また、KONA2ではeLECTRANで制限されていた同時アクセス数が無制限となって

います。ライセンスが原因で、eLECTRANの活用に制限を感じられていたお客様

にもお勧めです。



KONA2について詳しくは製品ページをご覧ください⇒ 

http://www.sct.co.jp/business/detail/000103.shtml?src=gn



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

=====================================================================