お客様のビジネスシステムを支える様々なソフトウェアをワンストップでご提供

ニュースリリース news

メールマガジン

三和コムテックお客様メルマガ2014.3月号

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 三和コムテック お客様メルマガ

      2014.3月号

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



いつも三和コムテックをご愛顧いただき厚く御礼申し上げます。

本メールは、弊社社員と名刺交換をさせていただいた方、弊社の商品に関する

情報送付を希望されたお客様の電子メールアドレス宛にご案内しております。



<< 2014.3月号の目次 >>

=====================================================================

┌───────────────────────────────────

│

│【ハイライト】 

│ ● Beacon Awards ファイナリスト記念特別キャンペーン 3月末まで!

│ ● 年間保守料の消費税の取り扱いについて

│

│【障害・災害対策】 

│ ● ヤマサ總業様の遠隔バックアップ事例

│ ● 天災はいつも突然に

│

│【セキュリティ】 

│ ● 3月のウェブセキュリティトピックス

│

│【ビジネス・プロセス・マネージメント】 

│ ● WindowsXP終了に伴う5250エミュレータ問題

│ ● SCTがおススメするBAソリューション

│

└───────────────────────────────────

===================================================================== 



【ハイライト】 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

□ Beacon Awards ファイナリスト記念特別キャンペーン 3月末まで!



IBM Beacon Awardsで、SCTが「Outstanding Business Continuity and Resiliency Services」(卓越した事業の継続と回復サービス)部門のFinalist

(最終選考企業)に選出されたことを記念したキャンペーンを行っています。



対象となったソリューション「IBM i データ遠隔保管パック」

と「LaserVault Backup」を2014年3月末までのご注文について記念特別

キャンペーン価格で提供します。

(但し消費税については、ご請求書の発行が3月末までは5%、4月以降は8%と

なります。)



お見積もりはビジネスパートナーまたは弊社営業までお申し付けください。



「IBM i データ遠隔保管パック」の製品ページはこちら⇒

http://www.sct.co.jp/business/detail/000491.shtml



「LaserVault Backup」の製品ページはこちら⇒

http://www.sct.co.jp/business/detail/000011.shtml



ビジネスパートナー一覧はこちら⇒

http://www.sct.co.jp/partner/list.shtml



弊社営業へのお問い合わせはこちら⇒

href="https://www.sct.co.jp/contact



*IBM Beacon Awardsに関するニュースはこちら⇒

http://www.sct.co.jp/news/article/000596.shtml



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

□ 年間保守料の消費税の取り扱いについて



4月から消費税が変更になりますが、弊社の年間保守料に関わる

消費税の取り扱いは下記のようになります。

ご発注に際してご留意ください。



 - - - 記 - - - 

    

平成26年3月31日までに当社が発行する年間保守料の請求書

(請求年月日が平成26年3月31日までを指します)に関しては

消費税5%でご請求いたします。

保守期間が4月以降になるものがあっても、消費税追加の請求は

いたしません。



*ホームページのニュースにも掲載されています⇒

http://www.sct.co.jp/news/article/000586.shtml



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

===================================================================== 



【障害・災害対策】 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

□ ヤマサ總業様の遠隔バックアップ事例



名古屋市の老舗企業ヤマサ總業様が、「LaserVault Backup」と「IBMリモート・

データ保護サービス」でSystem iの遠隔バックアップを安価に実現し、災害時の

事業継続に備えられた事例が「ITpro Active」のサイトで紹介されています。



事例の紹介記事はこちら⇒

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/ActiveWP/20140312/543108/



LaserVault Backupの製品ページはこちら⇒



http://www.sct.co.jp/business/detail/000011.shtml



IBM iデータ遠隔保管パックの製品ページはこちら⇒



http://www.sct.co.jp/business/detail/000491.shtml



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

□ 天災はいつも突然に



突然に襲いかかる災害のリスクを抑えながら運用負荷を軽減する方法は

あるのだろうか?

「事業継続の検討では、自社にとって何が最も重要で、災害後どれだけ早く

ビジネスを再開させたいかということをしっかり見極めることが重要です。

そこから逆算すれば、どのレベル、どれだけのデータバックアップが必要か

自ずと見えてきます」

SCT技術部副部長 福井理雄が語る事業継続の現実解。



インタビュー記事はこちら⇒



http://www.sct.co.jp/news/docs/RemoteBackup.pdf



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

===================================================================== 



【セキュリティ】 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

□ 3月のウェブセキュリティトピックス



SCTブログではセキュリティに関する最新の話題をお知らせしています。



3月はビットコイン問題、マイクロソフトXPのサポート終了問題などの大きな

話題のほか、あいかわらず個人情報の流失事案も表面化しています。



主なトピックス

・Adobe、Shockwave Playerの深刻な脆弱性を修正

・Microsoft Windows XP および Office 2003 のサポート終了について

・ANAマイレージクラブに不正ログイン

・@wikiで登録ユーザー全員の情報流出

・ビットコイン銀行、「預金」盗まれ閉鎖

・「My SoftBank」にパスワードリスト攻撃



その他最新の話題が日々更新されています。



SCTブログはこちら⇒

http://www.sct.co.jp/blog



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

===================================================================== 



【ビジネス・プロセス・マネージメント】 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

□ WindowsXP終了に伴う5250エミュレータ問題



いよいよWindowsXPの終息でPCの入れ替えが一気に進んでいます。

IBM i のユーザーにとってはエミュレーター入れ替えの問題が発生する

ケースがあります。

現行のエミュレーターが新PCに対応しない、または新PCに導入できる

エミュレーターが使用中のIBM i に対応しない、等々。



三和コムテックのWeb化ソリューションKONA/COCOAはオートスクリーン機能を

有し、開発ゼロでブラウザから5250画面アプリを利用することが出来ます。

特に新製品COCOAは年額40万円から利用可能です。

さらにKONA/COCOAは5250アプリのWeb化のための多彩なパーツや修飾を備え、

スマートデバイスでの活用もキレイ・簡単・安価を実現します。

WindowsXP置き換えのお悩み解決にぜひKONA/COCOAをご検討ください。



iPhoneやiPad、Androidなどがビジネスで活用される機会が増えています。

IBM i のユーザーにとって主力の5250アプリケーションをこうした

スマートデバイスで活用するにはWeb化ソリューションが必須です。

一口にWeb化といっても、外出先から5250アプリを使いたい場合は

簡単に多くのアプリをWeb化することが求められ、倉庫や店頭で検品

したいときは操作性の高いWeb化機能が求められます。

KONA/COCOAは大量のアプリ作成から特定アプリの作り込みまで、様々な

お客様のWeb化要件に、簡単・効率的に対応いたします。



COCOAの製品ページはこちら⇒

http://www.sct.co.jp/business/detail/000522.shtml

分かり易い解説動画(5分40秒)はこちら⇒

http://youtu.be/JyN4vw-KOFI



KONAの製品ページはこちら⇒

src=us1403"http://www.sct.co.jp/business/detail/000103.shtml

分かり易い解説動画(9分28秒)はこちら⇒

http://youtu.be/P35EORBzvBQ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

□ SCTがおススメするBAソリューション



御社の「見える化」を促進して、変化への素早い対応を可能とするCognosと

データマイニングアプローチで新しいマーケットを導いてくれるSPSS。



SCTでは今年からIBMのBA製品CognosとSPSSの扱いを始めました。お客様の

攻めのデータ活用をお手伝いします。



Cognosの製品ページはこちら⇒

http://www.sct.co.jp/business/detail/000576.shtml

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

=====================================================================