お客様のビジネスシステムを支える様々なソフトウェアをワンストップでご提供

ニュースリリース news

メールマガジン

三和コムテックお客様メルマガ2014.7月号

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 三和コムテック お客様メルマガ

      2014.7月号

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



いつも三和コムテックをご愛顧いただき厚く御礼申し上げます。

本メールは、弊社社員と名刺交換をさせていただいた方、弊社の商品に関する

情報送付を希望されたお客様の電子メールアドレス宛にご案内しております。

 

<< 2014.7月号の目次 >>

===================================================================== 

┌───────────────────────────────────

│

│【ハイライト】 

│ ● システム相談窓口強化! 青山システムコンサルティング株式会社とのアライアンス合意

│ ● 8/22 ユーオス関西 「IT POWER UP フェア2014」に出展します

│

│【ビジネス・プロセス・マネージメント】 

│ ● 7/17 Power8 徹底活用セミナーでIBM iのスマデバ活用を提案

│

│【障害・災害対策】 

│ ● MIMIX DR、LaserVault Backup 特別キャンペーン

│ ● Softlayerを利用したIBM i からのデータ保管サービス

│

│【IBM i ユーティリティ】 

│ ● IBM iユーザーのための電子帳票/電子メールCoolSpools メディアで紹介

│

│【セキュリティ】 

│ ● ウェブ匿名化ツールに興味を持つだけでNSAの監視対象リストに入れられる?

│

└───────────────────────────────────  

===================================================================== 

【ハイライト】 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

□ システム相談窓口強化! 青山システムコンサルティング株式会社とのアライアンス合意

 

この度、青山システムコンサルティング株式会社(本社; 東京都新宿区、

以下ASC、http://www.asckk.co.jp/ )と弊社は、お客様のITリテラシー向上に対し

更に適切的確なアドバイスをご提供できるよう、互いのビジネスを通じて得た情報を

有効活用することを目的にアライアンスを組むことに合意しました。

最近のITトレンドは「CAMSS : Cloud, Big Data Analytics, Mobile, Social service, 

Security」という言葉に代表されるように、今までのITとは違った新しいニーズが出て

きており、これを如何に自社システムに取り込み、活用できるかが課題となってきています。

そのようなCAMSSも含めたお客様のシステム全般の相談に対しても、更に深く対応する

ということも狙いとなっています。

ASCは常に公正・中立な第三者的視点から経営とITシステムのあり方のアドバイスや

高いROI実現の支援を提供し、創業から19年で約300プロジェクトの実績を有しています。

貴社において、次のようなご要望がございましたら、弊社担当までご相談ください。

・CAMSS活用のアドバイスが欲しい。

・次期システム構想を既存メーカーに依存することなく進めたい。

・現時点でのシステム投資費用は同業他社と比べてどうなのか検証してみたい。

お問い合わせ・ご相談はこちら⇒

https://www.sct.co.jp/contact?src=us1407

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

□ 8/22 ユーオス関西 「IT POWER UP フェア2014」に出展します

8月22日(金)に大阪国際会議場10階で第26回ユーオス関西 

「IT POWER UP フェア2014」が開催されます。

基調講演は日本アイ・ビー・エム社グローバル・テクノロジー・サービス

事業本部長・下野雅承氏。スペシャルトークは元GoogleJapan社長・

村上憲郎氏の「グローバル時代を生き抜く」です。

20のセッションと45のブース出展があるなかで、三和コムテックからは

「Powerユーザー必見、簡単お役立ちソリューションのご紹介」と

題して、簡単Web化ソリューションCOCOA、低コストで導入簡単な災害対策、

セキュリティ対策などをご紹介します。

13:00~13:25にはRoom1006でセッションがあります。

Powerのアプリケーションをスマートデバイスで有効活用した導入事例を

ご紹介します。

関西地方のお客様はこの機会にぜひご参加ください。

お申し込みはこちら⇒

http://www.uos.jp/kansai2014

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

===================================================================== 

【ビジネス・プロセス・マネージメント】 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

□ 7/17 Power8 徹底活用セミナーでIBM iのスマデバ活用を提案

7月17日(木)14時から17時まで日本アイ・ビー・エム本社事業所 301ルーム

でIBM iのお客様向けPower8徹底活用セミナーと展示が行われます。

三和コムテックは「用途広がるIBM iのスマデバ活用」というタイトルで

モバイルアプリの開発、配信、管理を簡単に実現するソリューションを

ご紹介させていただきます。

ぜひご来場ください。

お申し込みはこちら⇒

http://www-06.ibm.com/businesscenter/jp/seminar/ibm_i/0717_exhibition.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

===================================================================== 

【障害・災害対策】 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

□ MIMIX DR、LaserVault Backup 特別キャンペーン

9月1日の防災の日を前にして、IBM iをお使いのお客様向けに

・中小規模の企業向け障害・災害対策ソリューション MIMIX DR

・安価な高速バックアップソリューション LaserVault BackUp

の特別キャンペーンを行います。

9月までにMIMIX DR・LaserVault BackUpをご発注のお客様には

特価にてのご提供となります。

詳細は弊社営業にお問い合わせください。

https://www.sct.co.jp/contact?src=us1407

MIMIX DRの製品ページはこちら⇒

http://www.sct.co.jp/business/detail/000466.shtml?src=us1407

LaserVault Backupの製品ページはこちら⇒

http://www.sct.co.jp/business/detail/000011.shtml?src=us1407

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

□ Softlayerを利用したIBM i からのデータ保管サービス

IBM i からのデータバックアップを完全サポートする「IBM i クラウド

保管サービス」が新しく発表されました。

「IBM i クラウド保管サービス」は安定・堅牢なIBM SoftlayerにIBM iの

バックアップデータを効率的に圧縮転送します。

しかも毎日自動的にメディア操作なしに転送が行われます。

広域の災害時には社内で保管していたバックアップメディアが被災するという

事態も発生します。安価にリモートバックアップをとれるクラウドの利用を

ご検討下さい。

IBM i クラウド保管サービスの製品ページはこちら⇒

http://www.sct.co.jp/business/detail/000491.shtml?src=us1407

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

===================================================================== 

【IBM i ユーティリティ】 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

□ IBM iユーザーのための電子帳票/電子メールCoolSpools メディアで紹介

IBM iユーザーのための電子帳票/電子メールソリューションCoolSpoolsが

以下のメディアで紹介されました。

CNETニュース

http://japan.cnet.com/release/30074460/

ZD Netニュース

http://japan.zdnet.com/release/30074460/

CoolSpoolsはスプールファイル、データベースファイルおよび他の

フォーマットをPDF、Excelや他のフォーマットに変換し、自動的に

電子フォーマットで情報を配布することで、紙ベースの文書から

解放され、時間と経費削減を可能にします。

製品ページはこちら⇒

http://www.sct.co.jp/business/detail/000671.shtml?src=us1406

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

===================================================================== 

【セキュリティ】 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

□ ウェブ匿名化ツールに興味を持つだけでNSAの監視対象リストに入れられる?

SCTブログではセキュリティに関する最新の話題をお知らせしています。

7月の主なトピックス

・Torに興味があれば誰でもNSAの監視対象になる可能性(7/9)

・ソフトウェア定義型受信機を使ってワイヤレス世界をハック(7/2)

・IPA、サポート切れ製品について再度注意喚起 (5/15)

その他セキュリティに関する最新の話題が日々更新されているSCTブログを

「お気に入り」に追加してはいかがでしょう。

SCTブログはこちら⇒

http://www.sct.co.jp/blog?src=us1407

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

=====================================================================