お客様のビジネスシステムを支える様々なソフトウェアをワンストップでご提供

ニュースリリース news

メールマガジン

三和コムテック お客様メルマガ 2017.11月号

【三和コムテックNEWS】
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 三和コムテック お客様メルマガ
      2017.11月号
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

いつも三和コムテックをご愛顧いただき厚く御礼申し上げます。
本メールは、弊社社員と名刺交換をさせていただいた方、弊社の商品に関する
情報送付を希望されたお客様の電子メールアドレス宛にご案内しております。

<< 2017.11月号の目次 >>
===================================================================== 
┌───────────────────────────────────
│【業務自動化】
│ ● AutoMate Professional版日本語バージョンを近日リリースします!
│【災害・障害対策】
│ ● iSecurity新バージョン日本語版リリース準備中です
│【モダナイゼーション】
│ ● ソリューションラインナップを刷新しました
└───────────────────────────────────  
===================================================================== 
【業務自動化】 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
□ AutoMate Professional版日本語バージョンを近日リリースします!

話題沸騰・大好評のAutoMate。2018年1月中に日本語版をリリースいたします。
現在ベータ版のテストと日本語チェックをリリースに向けて鋭意進めております。
2018年1月中のリリースを予定しておりますが、詳細が決まりましたら改めてご案内いたします。

AutoMateの製品ページはこちら
⇒ https://www.sct.co.jp/business/post-1.shtml?src=us1711

お問い合わせ先は担当営業または下記までどうぞ!
e-mail:sales@sct.co.jp 
TEL : 03-3583-2518

===================================================================== 
【災害・障害対策】 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
□ iSecurity新バージョン日本語版リリース準備中です

iSecurityの新バージョンのリリースを準備中です。
IBMi OS7.3により対応したバージョンをAuditとFirewallからリリースいたします。
12月中のリリース予定で準備中です。詳細は改めてご案内いたします。

iSecurityの製品ページはこちら
⇒ https://www.sct.co.jp/business/product/000015.shtml?src=us1711

お問い合わせは担当営業または下記までどうぞ!
e-mail:sales@sct.co.jp 
TEL : 03-3583-2518

===================================================================== 
【モダナイゼーション】 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
□ ソリューションラインナップを刷新しました

DevOpsに特化したARCADソリューションでは、オープンソースの
リクエスト管理、変更管理などと組み合わせて更に使いやすく
お客様のアプリケーション開発をサポートします。

また、スポットでのソリューション提供(分析や配信管理など)にも
対応いたしますので、ご興味のある方はぜひご連絡ください。

《ソリューションラインナップと概要》

・ARCAD Audit/Observer
  IBMi内に存在するオブジェクト、データから情報収集し
  クロスリファレンスデータを作成して相関図やツリー情報を作成
  HTMLドキュメントとして出力可能
・ARCAD Transformer RPG
  従来のILE RPGソースをフリーフォーマットRPGへ変換
  OSコマンドとの組み合わせで、RPG3からフリーフォーマットへの変換が可能
・ARCAD Transformer DB
  DDSベースの物理ファイルから、DDLサポートのテーブルへコンバージョンを実施
・ARCAD Transformer UNICODE
  物理ファイルのCCSIDをユニコードに変更する為に対象となるDDSの変更や移行用プログラムの自動作成をサポート
・ARCAD Transformer FIELD
  物理ファイルのフィールド追加や拡張を調査、分析し
  対象となる物理ファイルのデータコンバージョンやRPGプログラムの自動改修を実施
・ARCAD Transformer CASETOOLS
  SysnonソースをネイティブRPGへコンバージョン
・ARCAD CODE CHECHKER
  プログラムのコーディングルール(特定のコメント行の挿入やIF文の階層限界など)を定義して
  違反したソースをチェックし、プログラミングの標準化を推進
・ARCAD Builder
  開発したプログラムソースを、その関連性に基づき自動コンパイルを実施
・DOT-Anonymizer
  オープン環境、IBMi環境におけるテスト用データのマスキングツール
  特定の条件に基づき、PANや郵便番号などをテスト可能な別データへ置換え
・DOT-Verifier/ARCAD-Verifier
  予め定義した内容に基づいて自動テストを実行する自動テスト化ツール
  実行結果について差異あればリストアップ、PDFドキュメントなどで出力可能
・drops
  開発環境から本番環境へ一斉リリース可能な管理ツール
  不具合があった場合には、ロールバックも実行可能
  リクエスト管理ではJIRA、ソース管理ではGITHUBと連携しDevOps環境の実現可能

DevOps/モダナイゼーションの製品ページはこちら
⇒ https://www.sct.co.jp/business/solution/itmod/?src=us1711

お問い合わせ先は担当営業または下記までどうぞ!
e-mail:sales@sct.co.jp 
TEL : 03-3583-2518


=====================================================================