お客様のビジネスシステムを支える様々なソフトウェアをワンストップでご提供

ニュースリリース news

メールマガジン

三和コムテック Webセキュリティメルマガ 2018.4月号

【三和コムテックWebSecNEWS】
◆ ━...‥‥...━...‥‥...━...‥‥...━...‥...━━...‥...━...━‥... ◆
   三和コムテック Webセキュリティメルマガ  2018.4月号  
◆ ━...‥‥...━...‥‥...━...‥‥...━...‥...━━...‥...━...━‥... ◆


いつも三和コムテックをご愛顧いただき厚く御礼申し上げます。
本メールは、弊社社員と名刺交換をさせていただいた方、弊社の商品に関する
情報送付を希望されたお客様の電子メールアドレス宛にご案内しております。


┏===<< 2018.4月号の目次 >>========================================================================┓
 □ 【 特別寄稿 】非保持確認に最適!クレジットカード情報を手軽に検索!
 □ 個人情報の取扱いはますます厳しくなる!?
 □ 統合ログ管理システム「LogStorage」の新バージョン発売開始
 □ IoT環境のハッキング事例 
 □ 【 技術トピック 】IPA 情報セキュリティ10大脅威 2018 解説資料を公開
 □ SCTブログ更新しました!
┗================================================================================================┛

┏━┓
┃1┃ 【 特別寄稿 】非保持確認に最適!クレジットカード情報を手軽に検索!
┗━╋...──────────────────────────────────────────────

	クレジットカード決済におけるセキュリティ対策上の軽減措置である「非保持対応」は
	実行計画2018にもあるように、ますます「非保持化対応」を目指すことになっています。
	しかし、その「非保持確認」については曖昧なままです。

	そこで、三和コムテックでは昨年より、お客様がご自身で適宜・簡単にカード情報の非保持を
	確認できるツールのご提供を開始しました。

	「ARGOS DFAS(アルゴス ディーファス)」は、「非保持達成」を申告する際に必要なクレジットカード情報を
	所持していないという調査・検証ができるツールです。
	ARGOS DEFSはクレジットカード情報だけでなく、個人情報や機密情報の調査も同時に行うことができます。

	他にもPマークやISO27001(ISMS)準拠企業でのポリシー準拠確認に 大変利用しやすいなど
	様々なシーンで活用できるツールです。

	続きはこちら⇒
	http://it.ampere.co.jp/it/index3.html

	お問い合わせ先は担当営業または下記までどうぞ!
	e-mail:sctsecure@sct.co.jp 
	TEL : 03-3583-4003

┏━┓
┃2┃ 個人情報の取扱いはますます厳しくなる!?
┗━╋...──────────────────────────────────────────────

	先日、Facebookユーザー約8,700万人の情報がコンサルタント会社に漏洩し
	政治目的に利用された疑いでCEOのザッカーバーグ氏が米国上院公聴会で謝罪しました。
	後、Facebook社にどのような制裁措置が加われるのか注目が集まると同時に
	同社サービスへの信頼の失墜は計り知れません。

	EUではGDPR(General Data Protection Regulationの略)、日本語では「一般データ保護規則」とも呼ばれる
	個人情報保護規則が来月に施行されます。特にEU内に事業拠点がない日本企業であっても
	EU域外へのデータ移転を規制しており、その罰則も厳しく定められていることが特徴です。
	旅行業や通販など、グローバルで個人情報を取り扱う企業には大変なインパクトがあるものと
	考えられ、現在の個人情報保護対応にどのような追加措置が必要となるか非常に懸念されます。

	お問い合わせ先は担当営業または下記までどうぞ!
	e-mail:sctsecure@sct.co.jp 
	TEL : 03-3583-4003

┏━┓
┃3┃ 統合ログ管理システム「LogStorage」の新バージョン発売開始
┗━╋...──────────────────────────────────────────────

	1年振りのメジャーバージョンアップとなる統合ログ管理システム「Logstorage Ver.7」の販売を
	2018年4月2日より開始いたしました。
	統合ログ管理システム「Logstorage」は内部統制や情報漏えい対策、PCI DSS準拠、
	マイナンバーの利用監査、標的型攻撃対策など、
	主に企業内のITシステムの適切な利用のモニタリングを目的として
	日本国内で10年以上にわたりトップシェアを獲得し続けています。

	また、近年特に問題となっている企業へのサイバー攻撃への対応として、
	CSIRTやSOCを企業内に設置し、SIEM製品を採用するケースが出つつある中で、
	「Logstorage」はそうしたセキュリティ対策に特化した用途においても的確に
	ニーズを取り入れ、多くのユーザに選ばれています。
	開発元のインフォサイエンス株式会社は、国産唯一のSIEM製品とも言える
	「Logstorage X/SIEM」を2017年8月より販売開始しています。

	Logstorageのご紹介ページはこちら⇒
	▼6月末日導入分までのお得なキャンペーン中▼
	https://www.sct.co.jp/S20180315.html?src=ws1804

	お問い合わせ先は担当営業または下記までどうぞ!
	e-mail:sctsecure@sct.co.jp 
	TEL : 03-3583-4003

┏━┓
┃4┃ IoT環境のハッキング事例 
┗━╋...──────────────────────────────────────────────

	温度計から顧客データが盗まれた事例が報告されています。
	https://www.sct.co.jp/blog/article/001231.shtml?src=ws1804

	IoT環境のセキュリティ対策は、まずシステムの脆弱な箇所を特定することで効率的に行えます。
	Webセキュリティ診断のご紹介ページはこちら⇒
	https://www.sct.co.jp/business/solution/websecurity/?src=ws1804

	お問い合わせ先は担当営業または下記までどうぞ!
	e-mail:sctsecure@sct.co.jp 
	TEL : 03-3583-4003

┏━┓
┃5┃ 【 技術トピック 】IPA 情報セキュリティ10大脅威 2018 解説資料を公開
┗━╋...──────────────────────────────────────────────

	「情報セキュリティ10大脅威 2018」は
	2017年に発生した社会的に影響が大きかったと考えられる情報セキュリティ関連事案を
	以下の3つの章に分けて公開されたものです。

	第1章 情報セキュリティ対策の基本 IoT機器(情報家電)編
	第2章 情報セキュリティ10大脅威 2018
	第3章 注目すべき脅威や懸念

	(公開サイト)
	https://www.ipa.go.jp/security/vuln/10threats2018.html

	上記サイトより解説資料が公開されました。
	(資料のダウンロード欄の「情報セキュリティ10大脅威 2018」リンクよりダウンロード可能です)

	サイト上では脅威に対する簡単な説明のみにとどまっておりますが、
	解説書には丁寧に説明が記載されております。
	年度が切り替わった方も多いと思いますが、このタイミングで一度懸念されるセキュリティ事案に
	目を通されてみてはいかがでしょうか。

	三和コムテックではさまざまな分野のセキュリティソリューションをご用意しております。
	どうぞお気軽にお問い合わせください。

	セキュリティ診断のご紹介ページはこちら⇒
	https://www.sct.co.jp/business/lp/websecurity.shtml?src=ws1804

	お問い合わせ先は担当営業または下記までどうぞ!
	e-mail:sctsecure@sct.co.jp 
	TEL : 03-3583-4003

┏━┓
┃6┃ SCTブログ更新しました!
┗━╋...──────────────────────────────────────────────

	海外ネタや気になるセキュリティ関連の最新ニュースをブログ記事でご紹介しております。

	Webセキュリティ関連の情報をBlogで紹介しています。

   「3/27 に OpenSSL アップデート版を公表」

	OpenSSLはアップデート版を公表しました。
	これにより複数の脆弱性が改善されることとなります。

	続きはこちら(2018/3/28掲載)⇒ 
	https://www.sct.co.jp/blog/article/001227.shtml?src=ws1804

   セキュリティブログはFacebook連動しております。
   よろしければ「いいね!」をお願いします。

	Facebookページはこちら⇒
	https://www.facebook.com/sanwacomtec