お客様のビジネスシステムを支える様々なソフトウェアをワンストップでご提供

ニュースリリース news

メールマガジン

三和コムテック Webセキュリティメルマガ 2018.7月号

【三和コムテックWebSecNEWS】 
◆ ━...‥‥...━...‥‥...━...‥‥...━...‥...━━...‥...━...━‥... ◆
   三和コムテック Webセキュリティメルマガ  2018.7月号  
◆ ━...‥‥...━...‥‥...━...‥‥...━...‥...━━...‥...━...━‥... ◆

いつも三和コムテックをご愛顧いただき厚く御礼申し上げます。
本メールは、弊社社員と名刺交換をさせていただいた方、弊社の商品に関する
情報送付を希望されたお客様の電子メールアドレス宛にご案内しております。


┏===<< 2018.7月号の目次 >>========================================================================┓
 □ そろそろRPAのセキュリティも考える時期?
 □ モバイルアプリに潜む脆弱性
 □ 【 技術トピック 】脆弱性緩和ツール「EMET」のサポートが終了
 □ SCTブログ更新しました!
┗================================================================================================┛

┏━┓
┃1┃ そろそろRPAのセキュリティも考える時期?
┗━╋...──────────────────────────────────────────────

	先月開催されたInterop Tokyo 2018でRPAとセキュリティーというテーマで講演したところ
	多くの方にご参加いただきました。
	三和コムテックでも扱っているRPAが昨年あたりからクロスインダストリーで急速に普及していく中、
	RPAのセキュリティに不安や関心を持たれる利用者が増えてきたことが背景にあると思います。

	特にPC単位で導入できるRPAソリューションは最近のRPAの普及を後押ししています。
	非常に簡単に定型的なプロセスを自動化できるため、利用部門・個人単位で導入ができるのですが、
	その自動化プログラムの正確性やPC自体の乗っ取り、利用範囲やルールなど、セキュリティやコンプライアンスの観点で
	考慮すべき点があることも認識しておく必要があります。

	RPAのセキュリティにご興味のある方や更に詳しい内容をご希望の方は
	お気軽に三和コムテックまでご一報下さい。

	お問い合わせフォームはこちら⇒
	https://www.sct.co.jp/contact/?src=ws1807

	三和コムテックが扱うRPAソリューション「AutoMate」のご紹介ページはこちら⇒
	https://www.sct.co.jp/business/post-1.shtml?src=ws1807

	お問い合わせ先は担当営業または下記までどうぞ!
	e-mail:sctsecure@sct.co.jp 
	TEL : 03-3583-4003

┏━┓
┃2┃ モバイルアプリに潜む脆弱性
┗━╋...──────────────────────────────────────────────

	モバイルアプリのBaaS(Backend as a Service)に潜む脆弱性が報告されています。
	詳しくはこちら⇒
	https://www.sct.co.jp/blog/article/001272.shtml?src=ws1807

	三和コムテックの診断サービスで包括的なモバイルアプリ脆弱性対策ができます。

	SCT SECUREモバイルアプリ診断サービスのご紹介ページはこちら⇒
	https://www.sct.co.jp/business/product/000907.shtml?src=ws1807
	SCT SECUREプラットフォーム脆弱性診断サービスのご紹介ページはこちら⇒
	https://www.sct.co.jp/business/product/000668.shtml?src=ws1807

	お問い合わせ先は担当営業または下記までどうぞ!
	e-mail:sctsecure@sct.co.jp 
	TEL : 03-3583-4003

┏━┓
┃3┃ 【 技術トピック 】脆弱性緩和ツール「EMET」のサポートが終了
┗━╋...──────────────────────────────────────────────

	米Microsoft社が提供していた脆弱性に対する攻撃の影響を緩和するツール
	「EMET(Enhanced Mitigation Experience Toolkit)」のサポートが7月31日に終了します。
	7月31日以降は、サポートやパッチが提供されなくなりますので、ご注意ください。
	Windows 7/8.1、Windows Server 2008/2012等の環境で利用している場合に
	影響を受ける見込みです。
	Microsoft社ではWindows 10への移行を推奨しています。

	参照URL:
	https://blogs.technet.microsoft.com/jpsecurity/2018/07/11/201807-security-updates/

	古いバージョンのOSやソフトウェアには脆弱性が存在したままになっている可能性があります。
	社内ネットワークに存在するPC/サーバーの管理には内部診断が便利です。
	外部/内部の診断で同じインターフェースを使用できるSCT SECUREをぜひご活用ください。

	三和コムテックではSCT SECUREをはじめとしたさまざまな脆弱性診断サービスを提供しています。
	どうぞお気軽にお問い合わせください。

	Webセキュリティ診断のご紹介ページはこちら⇒
	https://www.sct.co.jp/business/solution/websecurity/?src=ws1807

	お問い合わせ先は担当営業または下記までどうぞ!
	e-mail:sctsecure@sct.co.jp 
	TEL : 03-3583-4003

┏━┓
┃4┃ SCTブログ更新しました!
┗━╋...──────────────────────────────────────────────

	海外ネタや気になるセキュリティ関連の最新ニュースをブログ記事でご紹介しております。

	Webセキュリティ関連の情報をBlogで紹介しています。

   「NEC「Aterm」シリーズ3製品にOSコマンドインジェクションなど複数の脆弱性、IPAとJPCERT/CCが注意喚起」

	NECプラットフォームズ株式会社が発売した無線LANルーターとネットワークカメラに
	脆弱性があるとして、JVNが情報を公開しました。
	ルーターやカメラなどのIoT関連の機器にも、診断が必要なケースが増えてきました。
	
	続きはこちら(2018/7/19掲載)⇒ 
	https://www.sct.co.jp/blog/article/001271.shtml?src=ws1807

   セキュリティブログはFacebook連動しております。
   よろしければ「いいね!」をお願いします。

	Facebookページはこちら⇒
	https://www.facebook.com/sanwacomtec